縮毛矯正 京都

◇京都No.1縮毛矯正

京都の縮毛矯正特化サロン

 

『縮毛矯正、満足した事が無い!』
そんな方の為の
美容室です

 

 

 

 

 

 

ビフォーアフター
縮毛矯正のビフォーアフター
乾かしただけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・縮毛矯正で失敗された

 

・いつも納得できない

 

・ツヤ髪になりたい

 

当店にお任せ下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正20のこだわり】

 

 

20個のうち
3つほど挙げると

 

 

 

・必ず2人がかりでする

 

・たっぷりの薬剤を使用

 

・しっかり薬剤を洗い流す

 

 

 

などです。

 

 

◆縮毛矯正20のこだわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最新施術例】

 

2022/8/12

 

ブリーチ履歴があり

 

 

 

完成
ブリーチ毛への縮毛矯正
乾かしただけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪質改善縮毛矯正で
縮毛矯正のツヤ
超サラサラ髪に!

 

 

 

↑こんな広告おおいですよね。

 

 

 

こちらはアイロンで綺麗にしています。

 

 

 

 

 

 

実際はコチラ↓
初来店時
パサパサした髪
ダメージが・・・

 

 

それ以来
「髪質改善』をしてます。

 

 

 

『髪質改善縮毛矯正』 後 

自然な状態

 

綺麗になりました。

 

 

 

 

 

 

当店のモットーは
お客様を感動させる事。

 

本当の意味で綺麗にしたいから
誇大広告はしません。

 

家でも
同じ仕上がりになる様に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正は難しい

 

ダメージヘアで困っている女性
縮毛矯正は
 『失敗』 しやすいメニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の傷みを気にする女性
ダメージ毛は
特に難しい

 

 

 

 

 

 

『ビスク』はそんな難しい案件を
沢山受けて来ました。

 

 

【縮毛矯正の色々 目次】

 

 

 

 


縮毛矯正 例

 

仕上がり写真は全て、ブローやアイロンは入れていない自然に乾かしただけの状態です。

 

 

 

 

2022/8/12

 

ブリーチ履歴があり

この状態の髪は非常に難しい

 

完成

乾かしただけです

 

カット 髪質改善縮毛矯正 L     42,800+税

 

 

 

【詳しい内容】

 

15カ月前にブリーチ

 

10カ月前にこげ茶にカラー

 

相談された時の状態は

 

あまりよく無かったです。

 

まずブリーチしている毛への縮毛矯正は

 

リスクが大きいです。

 

あとカラーしてから伸びすぎています。

 

この様な状態はリスクが高いので

 

あまりおススメはしておりません。

 

ブリーチ部の悪化は避けたいので

 

弱めにする事を条件にさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEW 『ライト縮毛矯正』メニュー追加!!
2022/4/1更新

くせの弱い方向けのお手軽な縮毛矯正をご用意。

 

その名も『ライト縮毛矯正』!!

 

ダメージが酷い方にはお勧めしませんが

 

健康でクセの弱い方ならコチラの縮毛矯正でも十分綺麗です!!

 

『ライト縮毛矯正クーポン』→

 

 

 

 

 

 

 

髪質改善 縮毛矯正

 



ダメージの無い縮毛矯正

美山からお越し頂きました。

 

 

 

ビフォー アフターは乾かしただけ 最後は内巻きにアイロン仕上げしてます

 

一見癖が強いわけでは無いのですが、ところどころパヤパヤした細くてウニャウニャしたクセが混じっているのと毛先が右にはねるのが気になってました。

 

喜んでもらえて良かったです。

 

 

髪質改善 縮毛矯正とは?

 

◆縮毛矯正とカラーは同じ店でした方が良い理由

 

 

 

 

 

 

ばっさりボブ×縮毛矯正

 

 

高雄からお越しのU様。ばっさりとボブに。いい感じですね。

 

髪質改善 縮毛矯正とは?

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正×クセ弱い

 

 

太秦からお越しのS様。健康でクセが弱い毛は、簡単に艶が出ます。ヘアカラーをするとしても髪質改善ヘアカラーならかなり負担を抑えれるので、縮毛矯正とも相性はGood!!

 

 

◆【ご来店前に読んで下さい】 重要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去1・・・ 縮毛矯正

 

縮毛矯正失敗ビビり直しした縮毛矯正
下鴨からお越しのI様。今回2回目。
前回の縮毛矯正の感想をお聞きした所、「とてもやり易かったです。色んな所で縮毛当ててきましたが、過去1でキレイです!!」と言って頂けました。気を使っておっしゃって頂いたのかもしれませんが、それでも喜んで頂けてるみたいで嬉しいですね(^^)

 

 

髪質改善 縮毛矯正とは?

 

◆縮毛矯正とカラーは同じ店でした方が良い理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショートヘア×髪質改善縮毛矯正

 

 

長岡からお越しのK様。

 

 

 

 

 

髪質改善 縮毛矯正とは?

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期的に縮毛矯正するとお手軽。

 

仕上がりは乾かしただけです。

 

5ヶ月ぶりの縮毛矯正。

 

定期的にする方がやり易いです。

 

京都市、太秦からおこしのS様。

 

縮毛矯正 カット 

 

 

 

◆【ご来店前に読んで下さい】 重要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約は、biscueのLINE@ラインアット(登録簡単!)でもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パサパサで困っていたお客様の2年経過。

 

京都市左京区からお越しのH様。

その後、縮毛矯正キュアカラーを定期的に繰り返し

 

こちら2年後ブローなしドライのみの状態。




だいぶ綺麗に伸びました。サラッサラです。

 

巻き仕上げ。

かなり髪が強くなりましたね。

 

 カット+縮毛矯正 

 

 

◆縮毛矯正とカラーは同じ店でした方が良い理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪が多いと伸びにくい。

 

京都府向日市からお越しのY様。

 

髪が多い方は伸びない経験が多いと思います。

 

それは単純に大変だから。

 

大変だとミスが増えるため伸びにくいのです。

 



ドライのみ仕上げ。

 

 

縮毛矯正
L
多毛

 

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショート 縮毛矯正

 


 

京都市中京区からお越しのI様。ブローしてませんよ。

 

カット
特 縮毛矯正s

 

◆【ご来店前に読んで下さい】 重要

 

 

 

 

 

 

 

 

前髪の難しい部分の 縮毛矯正

 

前髪の縮毛矯正

 

ビフォー アフターは乾かしただけ

 

京都嵯峨野からお越しのS様。

 

もう何年も通って頂いておりますが、どうも産毛の部分がうまく行かなかった。

 

弱くすると伸びない、強くするとチリつく。何度も試行錯誤を繰り返し、納得いく伸びになって来ました。

 

中々100点満点が出せない中、嫌な顔一つせず通って下さり、感謝しかないです( ;∀;)

 

◆縮毛矯正とカラーは同じ店でした方が良い理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛が生まれ変わる。

 

京都市、西院からお越しのI様。

 


以前はアルカリカラーで髪が荒れていましたが当店でハイブリッドカラーをするようになり今は完全に髪が生え変わりしっかりしてきました。
今回は癖が気になっているので自然目に縮毛矯正する事に。

 

仕上がり ドライのみ ブローはしてない状態

 

カット 縮毛矯正 ショート 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミディアムスタイルの縮毛矯正

 

京都の伏見からお越しのH様
仕上げはドライのみでカット前の状態。

 



 

 

今回biscueではじめての縮毛矯正になるのですが、以前も他店で縮毛矯正されていたようなのですが、あまり伸びなくて癖が伸び切っていませんでした。ですので今回は根本のクセと、何度か縮毛矯正されている箇所とを同時に施術させて頂きました。工程が複雑になりますので特殊縮毛矯正扱いとなております。この後顎ラインまでバッサリスタイルチェンジをさせて頂いていますのでスタイルチェンジカット料金でいただいております。

 

カット スタイルチェンジ
特殊縮毛矯正

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

biscueの仕上げ写真は
ドライのみの状態です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正とヘアカラー同時施術

 

 

仕上がりは乾かしただけです。





 

亀岡からご来店のT様常連様。白髪を染めつつピンク系にしたい。そして縮毛矯正で癖を落ちつけたい。できれば分けた方が良いと説得したのですが、どうしても一緒にしたいとの希望が強かったので、一緒にさせて頂きました。一緒にすると失敗リスクが上がります。やることも大掛かりになります。料金も高くなります。なので特別な理由がない限りは分けた方が良いです。今回は特にピンク系ご希望でしたので、ヘアカラー、縮毛矯正、ヘアカラーとしました。写真はドライのみの仕上げ。

 

縮毛矯正
ピンク系グレイカラーダブル
カット

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【自然に縮毛矯正】

 



 

長岡京市から初めてご来店のK様。真ん中はカットしてドライのみの仕上がり。最後はアイロンで丸みを付けた仕上げ。ショートなのでピンピンに伸ばすと不自然になりますので、中間まではしっかり伸ばして、毛先は少し調整しながらの縮毛矯正にさせて頂きました。

 

カット
縮毛矯正 特 ショート

 

 

 

◆【ご来店前に読んで下さい】 重要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正で艶髪キープ。

 

 

仕上がりは乾かしただけです。

 

京都の南区からお越しのN様。縮毛矯正させていただきました。写真はドライのみ仕上げです。大体半年一回でさせて頂いています。癖が強く髪が多いので少し伸びにくいですが、健康な髪ですのできれいに当たります。更にカットも特にこだわりがないようですので、厚みを残して落ち着きやすさ重視のスタイルにさせて頂いております。やりたては綺麗ですが、半年もたつと、少し癖が戻る様子でしたので、そうならないように調節させて頂きました。

 

カット
縮毛矯正 L
◆縮毛矯正とカラーは同じ店でした方が良い理由

 

 

 

◆縮毛矯正した後のお手入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正した後の髪は別モノ

 

 

 

縮毛矯正した髪は

 

 

髪のたんぱく質が変化します

 

例えると

 

生卵がゆで卵になった感じです。

 

 

 

 

すると今までとは違ったことが起こります。

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康な状態を保つ

 

 

 

縮毛矯正をした後の髪の毛は

 

見た目以上に負担を受けています。

 

さらなるダメージを受けていくと

 

限界を超えてストレート状態を保てなくなり

 

元のクセ毛よりもひどい癖になる事もあります。

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷ませないお手入れの仕方

 

 

 

 

傷ませないようにするには

 

・引っ張らない

 

・ヘアカラーは優しいカラーで

 

・優しいシャンプーを使う

 

です。

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘアカラーとの付き合い方

 

 

 

 

縮毛矯正をした髪は

 

ヘアカラーの染まり方が全く違います。

 

ムラも起きやすくなります。

 

 

 

それを考慮すると

 

ヘアカラーは2か月以内のリタッチがおすすめ。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の縮毛矯正

 

 

縮毛矯正は次回いつしたらよいか?

 

 

 

 

早い方で3か月後くらいで縮毛矯正されに来ますね。

 

 

 

半年超えてくると伸びすぎるし
価格も変わって来るので
半年までにするのがおススメです。

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆酸性ストレートとは

 

 

 

酸性ストレートは

 

本当に傷まないのか?

 

そんな事はありません。

 

 

 

 

縮毛矯正の薬も色んなメーカーから

 

色んなタイプのモノが出ています。

 

 

 

酸性ストレートもそのうちの一つです。

 

 

当店では使用していません。

 

酸性ストレートでビビり毛になった方は

 

当店にご相談ください。

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

髪はすくとパサツク。

 

髪はすく事で長さがバラバラになっていきます。

 

それがいっぱいあるとパサパサして見えます。

 

 

 

巻くとイイ感じ。
すきや段が入ってても いい感じに収まる

 

 

 

 

 

縮毛矯正はすき控えめ。

 

縮毛矯正の場合

 

すくとパサツキやすいです。

 

なるべくスキや段を控えたスタイルを

 

ご提案する事が多いです。

 

すくとしても見えない中の部分をすいたりが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆【ご来店前に読んでおいて下さい】

 

≪☆重要☆≫

 

 

 

biscueでは縮毛矯正の施術はスタッフ2人分の予約枠を確保させて頂いております。

 

ご予約はお早めがオススメです(キャンセルもお早めに)

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆biscueの縮毛矯正はココが違う

 

・常時2人がかり施術。(フロント部分矯正は除く)

 

・他店で諦めた特殊な毛にも対応。

 

・独自の特殊テクニック。

 

・数多い経験値。

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正で髪質改善とは?

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正をするとパサパサしなくなる

 

 

 

 

痛むとパサパサしてくるのは

 

ダメージする事で

 

クセが出やすくなる為です。

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正をすると艶が出る

 

 

 

髪に艶を出す方法は

 

2つ。

 

 

1つは油を塗る事です。

 

もう一つは、髪の表面の凸凹を無くす事です。

 

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正するとザラザラしなくなる

 

 

髪の毛を一本指で滑らすとザラザラする事がありますよね?

 

 

 

縮毛矯正はねじれを取る事で

 

髪をツルツルとした滑らかな手触りに変えてくれます。

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正するとギラギラがなくなる

 

 

髪がギラギラして気になった事はありませんか?

 

いい感じにギラギラしてるわけでは無く

 

なんか変な感じにギラギラしますよね?

 

 

 

あれは、髪の表面が凸凹してるから。

 

 

 

縮毛矯正では髪の表面の凸凹を取ることができますので艶髪になります。

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正すると頭が小さくなる

 

 

ボリュームは、髪のクセも大きく関係しています。

 

ストレートにするとボリュームが激減します。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正の日は自然な状態で。

 

くせの出方を見るのに

 

自然な状態が良いです。

 

 

ブローしない

 

帽子かぶらない

 

結ばない

 

トリートメントをつけ過ぎない。

 

 

その方が二度手間になりません。

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆傷んでいる人、ブリーチ毛、メッシュの人は要注意。

 

傷んだ髪は自由度が低い。

 

健康な髪は色んなことができます。

 

 

 

傷んでる髪はできる事が少なくなります。

 

 

 

ブリーチ毛は縮毛矯正は厳しいです。

 

ダメージの低いブリーチ毛なら縮毛矯正できるかもしれません。

 

biscueでは他店でのブリーチ毛は縮毛矯正は不可です。

 

 

頻繁にカラーチェンジもオススメできません。

 

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正当日に心がける事

 

来店前の心がけ。

 

美容院に行く前は

 

自然な状態で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンになっていませんか?

 

ヘアカラーがプリンになってませんか?

 

プリン部分はあたりにくいです。

 

カラーしてから1か月以内がおススメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらから予約出来ます

 

↑クリックで簡単登録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

 

 

髪はすくとパサツク。

 

髪はすく事で長さがバラバラになります。

 

一本一本の毛先が跳ねます。

 

段が入った部分も同じです。

 

 

それがいっぱいあるとパサパサして見えます。

 

 

 

巻くとイイ感じ。

 

 

収まるスタイリング方法も

 

あります。

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正はすき控えめ。

 

縮毛矯正の場合すくとパサツキが目立ちます。

 

なのでなるべくスキや段を控えたスタイルを

 

ご提案する事が多いです。

 

すくとしても

 

見えにくい部分をすいたりします。

 

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正とヘアカラーは一緒にしない方が良い。

 

当店では一緒にする時もあります。

 

出来ない事の方が多いです。

 

時間も長くなってしまうので

 

特別な理由が無い限り

 

ヘアカラーと縮毛矯正は 分けた方がよいです。

 

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正とヘアカラーのタイミング

 

ヘアカラーをしてから

 

2週間以上あけ

 

1ヶ月以内で

 

縮毛矯正するのがおすすめ。

 

 

 

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

【美容師さん向け】

 

このページでは美容師さんに向けて、縮毛矯正のコツや当店で気を付けている事などを書いています。時々更新して行きますので、このページを登録しておいて頂きますと便利かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこでやってもパサパサ縮毛矯正が限界

 

西院からお越しのN様

 

自分の毛質は縮毛矯正してもあまり当たらないと思っていたそうです。

 

うちに来た時も結構パサパサでした。カラーはしていない毛なんです。だからいたって健康。原因は意外とシンプルです。
さあなんだと思いますか?
強い薬を使い過ぎた?
アイロンが足りていない?
温度が高すぎた?
答えは、
うちのこだわり20を見返して頂くとわかると思うのですが、傷んだというよりは、足りていない感じでした。これ髪が多い方によくなってますね。こんな場合は手間暇かけるとちゃんと伸びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロー無しでツヤツヤ矯正のレシピ解説

 

下京区からお越しのF様。

 

いつも縮毛矯正してもそんなにきれいに伸びなったそうなのですが、おそらく失敗されやすい原因は毛量の多さかなと。
1液の量だけで300グラムくらい使っています。でないとムラ伸びになったり甘かったりなりやすい毛なのです。他にも原因はあると思いますが、とりあえず薬液量はたっぷりが必須です。

 

ヘアカラーしてません。クセはかなり強くしっかりしている毛なので難しくはないのですが、毛量が結構多いのでとにかく毛量が多いなりの縮毛矯正をするのがコツかなと思います。
ミルボンSH27分です。もう少しおいても良かったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正 ダメージさせない解説

 

西京極からお越しのF様

 

 

 


 

 

 

 

ビフォーと乾かしただけと巻き仕上げです。

 

今回一番重要な事思い出しました。

 

恐らくほとんどの方が軽視していますが

 

コレかなり重要って内容。

 

最後の方に書きますね。

 

では今回のスタイル。ガッツリ段が入ったスタイルをする時に気を付ける事は何でしょうか?

 

まずは減力させる事。そしてもう一つ大事なのはしっかり利かせる事。

 

相反する事なので難しいのですが説明して行きたいと思います。

 

今回意識したのは、テーパーが入った部分にもきちんと1液を利かしてます。

 

本当の先は矯正履歴があるのですがパサっとなっているので、トリートメント:アルカリカラー:ノーフィS:活性ケラチンを8:2:1:0.1で入れました。140度です。

 

綺麗にイケました。

 

で冒頭で話した重要な事。

 

お客さんやって気が付いたのですが、今回特にバックから塗って、フロントはフロント矯正を2か月前にしててとか、結構複雑だったんですよ。だから色々塗り分けたりしまくってたんですけど、1液の間だけで4、5かい手を洗いに行きました。多分コレ端折っちゃいがちな行動だと思うのですが、絶対にやった方が良い事の一つなので、やってなかった人は是非実行してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビビり毛への縮毛矯正の解説

 


中京区からお越しのT様。
以前からお越し頂いてるのですが、間に他店で縮毛矯正したらなんかエライ状態でリターンして来られて、前回からまたウチで縮毛矯正させて頂いてます。
もう行くとこまで行ってしまってる感じで、ビビり直しとかのレベルでは無いのでケア剤を入れ、あとは根元をいたまさないようにでやって行こうと思います。
前回1液が反応早かったので、今回はグッと弱めてノーフィHで行ったのですが、どうも予想以上に反応する。ただ見た目反応してるけど癖感が残ってるので19分まで置いてみました。根元以外は念の為、超微還元。前処理に活性ケラチンしておいてノーフィSを10パーセントのトリートメントを。だからアルカリは0.1でチオ換算は1以下です。気持ちくらいの感じですね。

 

流し後は、根元からケア剤入れ込んでます。活性ケラチン、ルーフミスト、メドウ、キト、の順で。

 

温度は160とか顔まわりは150で行きました。
仕上がりは上々でした!

 

最後の写真はブロー仕上げです。

 

根元は普通に伸びてます。ルート部が怪しいので次回はもう少し弱めが良いでしょうね。ビビり部はビビりのままですが、見てわかるくらいに落ち着きました。ちなみにビビり直ししましたって美容師の投稿は120%信じていません(笑)アレにはちゃんとトリックがありますからね。講習行っても絶対結果出しませんから彼らは。少なくともこの方の毛はビビりは治らないと断言します。ただ治るタイプのビビりってのはありますのでまたそんなお客さんが来たらあげてみたいと思います。

 

このお客さんは、いつも非常に難しいのですが1番のネックは他店カラーを3週間に一度のペースで挟んでいる事です。単純に傷んでるっていうのと、ダメージが安定して無いっぽい所。カラーしてるお店次第という恐ろしい状態です。ウチのお店では他店カラーのお客さんはこの方だけなのですが、どうしてもそこでしたいそうで、それ以来言わない様にしています。しかし出来れば、時点でカラーを管理した方がいいですしなるべく負担の少ないベースを作るのが理想です。お客さんには他店でヘアカラーするリスクについてお伝えすると大抵聞き入れて頂けると思いますので、遠慮しないでウチで染めて欲しいとお願いするのがおススメですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正実践して解説

 

美容師さん向け投稿です。

 

分からない事があればメッセージ下さい(^^)

 

すべてのビフォーアフターはドライのみの自然な状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の髪質改善ストレートとは?

 

今回は技術でない所で書いてみましょう。

 

今や髪質改善のテクニックやブランドや講師で溢れかえっていますよね。

 

色々試していっぱい勉強して頂くと良いと思うのですが、

 

僕がこれだけはって事をお伝えするなら

 

やはり『基本』が大事です!!

 

きちんと仕事をするって事。

 

工程で抜かない。短縮したくなるけど、しっかり時間をかける。

 

『どんなアイテム使ってるんですか?』

 

『どんなやり方してるんですか?』

 

て事が気になる方が多いのですが、逆にどんな事してるのか尋ねると、必ず何かで抜けています。

 

せっかく時間かけてやっても、そのひと手間惜しんだら勿体ないですって事をしてしまう方が多いです。

 

また絶対やってはいけない事があります。

 

最近多い、誇大広告ですね。

 

綺麗な写真撮って載せるアレです。1回は来てくれるかもしれません。でも勿論バレますよね。メッキがはがれる様な仕事してると逆に評判落とす事になります。

 

それよりも本当の技術を身に着けて、お客さんを感動させてファンになってもらえる様にする方が、絶対に良いです。

 

地味にゆっくりかもしれませんが、一緒に勉強して本物の技術を身に着けて行きましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩付近で軽めのスタイル

 

北区からお越しのT様。

 

1年ぶりの縮毛矯正です。

 

クセは強いのですが髪はしっかりしています。

 

今回のポイントは、どうすればいい感じになるかですね。

 

まず

 

ビフォー  アフター  コテ仕上げ で写真撮りました。 

 

ビフォーの状態はドライのみです。襟足の所が中々軽さが出なくてスキまくりました。縮毛矯正毛でこのスタイルは結構無理があるかもしれないですが、もしするなら相当すかないといけないかもしれません。

 

あとは巻かないとバリュームはほぼ動きませんので、イメージが湧きづらければ途中で巻いてみるのもありかもしれません。

 

 

 

 

 

 

折れ毛直し縮毛矯正

 

中京区からお越しのS様。

 

1ヶ月程前に縮毛矯正した様なのですが、折れ毛が出来てしまったそうです。

分かり難いですが根本6〜9ミリくらいの所が、110〜135度くらいで折れています。

 

コチラ施術後

ツルんとなり折れクセは消えました。

 

コレあんまり起きないけど、稀にされる方がいらっしゃいます。

 

原因は根元に1液が付くからです。では何故こんなことをが起きてしまうのか?

 

可能性として、塗布自体に原因がある場合と薬の問題とあります。

 

まず塗布ですが、縮毛矯正は基本根元1センチ空けて下さい。でここからが大事です。塗る場所によって塗り方は意識して下さい。

 

具体的に言いますと、ネープは1センチあけないくらいの気持ちで塗って、バックポイントあたりは根元2センチあけ、ゴールデンポイントまで来たら4センチくらいあけて塗ります。言葉で伝えるの難しいですね。なんでそんな事するかと言いますと、毛束は大体45度くらい下げて引っ張りますよね?ネープとゴールデンポイントだと状態が違うのわかります?

 

細かく言いますとゴールデンポイントは4センチあけたところからたっぷり塗るけどそれより手前は表面はさっと塗るんです。

 

伝わりにくいですね。まー薬付けて下に置いた時にその薬が下のパネルにどう付くかとか考えて塗って頂ければ問題ないです。

 

今回のこのお客さんはおそらくそうゆう所で地肌に薬が付いてしまったのでしょう。なので目立つのはハチウエ部分です。ネープなんかはなんともなってません。

 

あと薬でなるパターン。薬自体がユルイと単純に垂れて行きます。あと体温であったまり垂れる事も。もしくはウエットで塗布したり前処理剤の影響とか。垂れる系の場合は地肌に着いたら終わってますし、既矯正部分についても怖いです。

 

今回は結構難しい縮毛矯正直しでしたが、まだ救いだったのがヘアカラーしていない毛だった事です。

 

ヘアカラー毛の細毛だったら辞めておいた方がって気持ちになります。あと1ヶ月経ってたのでギリ大丈夫でしたが、以内だったら悪化させる可能性もあるので怖いですね。

 

根元1センチが折れてるので、根元0.5?1.5センチの部分くらいに塗布しました。使用薬剤はノーフィーリングのHです。1剤の効きはなんとなくで判断。1センチしか付いてないので正直わかりません。流すと折れが目立たないのでいけそう!やり過ぎて断毛が1番怖いですからね。今回のお客さんには事前にリスクはあまり説明していません。とても繊細な仕事が必要ですと念を押したくらいです。本当はリスクとかも説明したい所ですが、お客さんの雰囲気見て説明などは判断します。失敗したら平謝りするしか無いという覚悟でのぞみました。

 

ちなみに顔まわりとハチウエだけにさせて下さいとお願いしました。他はあまりなって無いし、なっててもめくらないでしょうし、何より全部やると凄い大がかりな事になりそうなので。

 

9ミリアイロン。コレは通常アイロンでは厳しいです。結構時間かかるけど、5ミリスライスでじっくりと伸ばしました。

 

であとは普通に2液してドライのみ。めちゃくちゃキレイに治りました。

 

条件があわない場合は、断った方が良いパターンの施術内容なので、判断は慎重にがオススメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リタッチ縮毛矯正 パヤ毛が難しい毛

 


吹田からお越しのH様。

 

 

 

 

 

今回は細くてデリケートなパヤ毛をダメージさせずに癖を綺麗に伸ばすかの参考になる事例かと思います。

 

今回はリタッチ希望でしたので根本7センチ程をしました。毛先はいじっていません。

 

前回が初めての来店で、今回2回目の縮毛矯正。

 

一回目の時

 

既矯正部が既になかなかのダメージで、矯正していない部分もセルフヘアカラーの繰り返しでダメージが進んでいる状態でした。使用した薬剤はミルボンNなのですが、思いのほか反応が早く5分程度で流しました。で途中省略して仕上げると、表面は伸びてるが中はもう少し改善が必要な伸びでした。伸びている所は、パヤ毛が混じっていてよく見るとビビりが入っていました。最初にセルフカラーの危険性をお伝えしてあるので、あまり攻めた事はせず、1回目はこんな感じで終わりました。

 

今回。

 

前回セルフカラーをヘアマニキュアに変えて頂くようにお願いしました。まだカラーが残っていたようで、一度したそうですが、その後はヘアマニキュアのみ。前回よりもかなり強くなっているだろうとの読みで、NとSHは2:1です。前回の甘い部分も被せてます。ネープは伸びにくいので40分他は30分置きました。本当は15分くらいのタイムが理想ですが、思いのほか反応しなったため。

 

テストでは見た感じの柔らかさは若干感じたのですが、もっと柔らかくてもよさそうな感じ。クセはかなりゆるくなっているかな〜という感じです。もっと置いた方がよさそうな感じはしつつ、時間も時間なので。

 

シャンプー後コーミングして様子を見てみます。問題なさそう。

 

ドライしてアイロン。

 

アイロンはネープは強そうなので180度。それ以外はパヤ毛が危険そうなので170度。

 

結果全体的には良い感じです。

 

パヤ毛はギリって所でした。温度はこれ以上は下げたくないので、次回はタイムを10分は削りたい所です。

 

【美容師さん向けTOP】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正2液の塗り方

 

縮毛矯正の2液はたっぷり塗りましょう。

 

これをケチると全て台無しです。

 

特に吸水毛は物凄く乾きますので

 

よりひたひたに塗りましょう。

 

biscueでは

 

多い時には

 

カップ1杯分くらい使う事もあります。

 

 

 

2液はシャンプー台で付ける店も多いみたいですが

 

シャンプー台で付けるのは塗布ムラが出来てしまいますので酸化不足で

 

癖が戻る恐れがあります。また地肌につくと少なからず負担になりますので

 

必ずセット面でしっかり分けながら塗りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【美容師さん向けTOP】

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正アイロンの方法

 

縮毛矯正アイロンの方法も今では様々ですが

 

一般的な方法としまして

 

 

・低温アイロン

 

・ノーテンションアイロン

 

・ウエットアイロン

 

・カールアイロン

 

 

等がありますね。

 

 

 

それぞれに一長一短ありまして

 

使い方次第では失敗も引き起こしやすい

 

方法もあります。

 

ようは髪の状態と

 

扱い方を見極める必要があるのはどれも一緒です。

 

 

 

髪質×薬剤×技法

 

なのでそれをチョイスミスしないようにしましょう。

 

 

 

 

 

ちなみにbiscueは

 

髪の状態に合わせ

 

低温にしたり

 

カール入れたりしますが

 

基本にあるのは

 

オーソドックスなアイロン方法です。

 

基本180度です。

 

200とか220とかのアイロンもありますが

 

使うには条件を満たす必要があります。

 

 

 

 

アイロンはしっかり入れた方が綺麗です。

 

縮毛矯正を2万とかでやるのバカバカしくなるくらいに(笑)

 

うちの使用アイロンはラディアントです。

 

以前はアドスト使っていましたが、ラディアントの滑り具合の方が好きで今はこればかりです。

 

アドストは良いアイロンですが、滑りに関してはラディアントをお勧めします。

 

イメージで言うとアドストは滑らかな石で挟んだ感じ、ラディアントは石をシルクで挟んだ感じ。

 

滑りが全く違います。特に先細った部分をスルーしてもらえば違いは歴然です。

 

逆にアドストの良い点は、やはりメイドインジャパンの信頼と耐久性です。3年使っても不具合無し。

 

ラディアントは正規品ですと耐久性も良いですしコスパも良い。僕はアドスト売り払ってラディアントのみにしました。

 

 

【美容師さん向けTOP】

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正1液流し後のドライの仕方

 

 

 

縮毛矯正1液流し後のドライの仕方ですが

 

しっかり乾かす派

 

ほぼ乾かす派

 

湿り気を残す派とあります。

 

 

これにはアイロンとのバランスがあり

 

湿り気を残すのであれば

 

それだけしっかりアイロンを入れる必要があるかと思います。

 

あとパワーが強まりますがその分の負担も計算が複雑になります。

 

 

 

またドライもただ乾かすだけと

 

ブローしながら乾かすとでは仕上がりが変わります。

 

どれくらい水分を含んだ状態から

 

ブローするかでも仕上がりに差があります。

 

 

風の当たる角度、かけるテンション

 

その辺を工夫しながら乾かすと

 

綺麗な縮毛矯正ができるかと思います。

 

 

手間暇かけるほどきれいに伸びるのは間違いないです。

 

 

基本はしっかり乾かすで良いと思います。

 

【美容師さん向けTOP】

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正1液の流し方

 

 

縮毛矯正の1液を流す時は

 

しっかり流しましょう。

 

トリートメント効果があるので

 

少し残しましょうとか

 

そんな考えの矯正もありますが

 

ずばり流した方が良いです。

 

 

 

 

還元作用が残ってしまったら

 

それこそ最悪の事態が

 

起こってしまっては

 

取り返しがつきません。

 

 

 

 

 

 

特に耳周りは薬が残りやすいです。

 

気を付けましょう。

 

 

 

うちの場合やり過ぎなくらいしっかり流してシャンプーも通します。

 

【美容師さん向けTOP】

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正1液

 

 

 

【美容師さん向けTOP】

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の薬剤考え方

 

 

biscueでは縮毛矯正時の

 

薬の選定は

 

6段階程度に分けています。

 

 

 

根本中間毛先と場所によって状態は違います。

 

その状況に応じた薬剤を使用します。

 

 

 

薬の選び方をスーパーハード、ノーマル、ソフト

 

という様な何となくで行くよりは

 

具体化している方が良いです。

 

 

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正薬剤のチョイス

 

髪の状態を見て

 

どの薬をチョイスするかは

 

経験するしかありませんが

 

柔らかさ 伸び 型の付き具合などを考慮するのが良いと思います。

 

 

コツとしては、しっかりデータを取る事です。

 

こんなクセは1液利かせていくとこんな感じになって伸びた

 

みたいな情報を積み重ねていくのが良いです。

 

 

データが不十分な場合、ギリギリを狙うのは危険です。

 

その事をお客様に理解してもらう事が重要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬剤塗布の考え方とコツ

 

 

 

 

 

 

1液塗布時の注意点は、たっぷり塗る事です。

 

 

 

塗布はしっかり中に浸透するように

 

しっかりと揉みこみましょう。

 

 

意外と中まで浸透していないから起こる

 

部分的に伸びていないが起こります。

 

 

 

 

 

うちでは、必ず2人で塗布してタイムを短くします。まずざっと3分くらいで塗ります。それからチェック。なので時間差を付けようとしなければタイムラグは3分です。1人だと下手したら20分出ます。なので2人塗布は出来れば必須な条件です。

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の薬剤メーカーごとの違い

 

biscueの使用薬剤は、ミルボンのアテンジェシリーズ、ノーフィーリング

 

アイアピアのフリーセルデフラグA等です。

 

薬剤はアルカリやチオ濃度の違いを把握しておく事が必要。

 

 

それぞれのスペックを表にしておくと便利です。

  アルカリ度 チオ濃度 PH
アテンジェ SH 6.4 10.4 9
       N 3 8.5 8
フリーセル S 0.8 5 7.5
デフラグA 0 7 5
       

 

 

 

例えばミルボンのSHのチオ濃度は

 

日本の法律の限界までの強さだそうですので

 

これ以上強い薬はありません。

 

 

添加剤にたんぱく質やコンディショニング剤が入ってるのも

 

毛への反応、塗布のしやすさ、とどまり易さ、香り

 

などに影響してきます。

 

 

ジェルタイプ、クリームタイプありますが

 

僕はクリームが好きです。

 

クリームはたっぷり乗せられて流れにくいしハケにも乗りやすいです。

 

ジェルタイプはアプリケーター塗布に向いているかもしれませんね。

 

また中に入っている、還元剤やアルカリ剤いがいの成分も結構重要ですね。

 

コンディショニングの良さを左右します。

 

 

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし縮毛矯正厳しそうな場合

 

お客様の中には

 

これは一液のチョイスから厳しい

 

って場合が多々あります。

 

その場合、縮毛矯正はしない方が良い

 

とお伝えしても

 

どうしてもやってくれと無理を言われる方も

 

割といますよね。

 

 

 

 

これを回避するコツを

 

紹介させて頂きます。

 

 

 

まずはお客様のせいで出来ないという言い方をしない事です。

 

 

あくまで自分の持っている経験と知識では成功率が低いという事を

 

正直に言う事です。

 

 

そうする事で、少しは良い方向に行くかなと思います。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

縮毛矯正とカラーは同じ店でした方が良い理由

 

4つの理由

・カラーは縮毛矯正に影響大

 

・カラーはやり方次第でダメージ

 

・狙い通りにできない

 

・タイミングも重要

 

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正に合う髪型

 

縮毛矯正をすると、カット次第ではパサついてしまったり、収まりが悪かったりします。

 

ですので、適したスタイルをチョイスしてあげるのがおススメです。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正とカラーと色について

 

縮毛矯正とカラーは結構影響を与え合います。

 

チョイスとタイミングが非常に大事です。

 

こればかりは美容師任せでは無理で、お客様自身の行動が重要になります。

 

知っておくとダメージを予防する事もできます。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の料金

 

縮毛矯正の価格は施術内容と比例している事が多いですが、割とあいまいな部分もあります。

 

縮毛矯正のトラブルが多い要因の一つに価格設定の問題が影響しています。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

 

ストレートパーマと縮毛矯正は似ていますが、全く違うやり方で効果も違います。

 

クセ毛を伸ばす場合ストレートパーマをあてる事はありません。

 

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正のお手入れ

 

縮毛矯正している髪はデリケート。

 

ダメージしないようにお手入れする必要があります。

 

ダメージが進むと真っすぐをキープしていられなくなるからです。

 

正しいお手入れで艶がみをキープしましょう。

 

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しやすい縮毛矯正

 

これに当てはまる方は失敗しやすいかもしれません。

・髪が傷んでいる

 

・髪が多い

 

・髪が細い

 

・白髪染めしている

 

・クセが強い

 

・メッチャすいている

 

詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正したのに毛先がちりちりになりました。何故?

 

 

縮毛矯正はきちんとあたれば真っすぐになります。

 

しかし失敗すると、元の状態よりもクセが強くチリチリパサパサした感じのいわゆる「ビビり毛になります」

 

ビビり毛になりやすい人はチェックしてみましょう。

 

 

詳しくはコチラ

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正用シャンプーって良いですか?

 

縮毛矯正に適したシャンプーとは

 

・髪に負担をかけない

 

・指通りが良くなる

 

これだけです。

 

縮毛矯正用って概念は無く、美容室で販売している適したものが良いと思います。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正毛にパーマはあり?

 

縮毛矯正毛にパーマーするのはNGです。

 

傷んでクチャクチャになります。

 

ただし当たる場合もまれにあります。

 

もっと詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 biscue TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っておくべき失敗された理由

 

 

 

縮毛矯正で失敗されて困ってる人って結構多いんですよね。

 

今回は何故ミスが起きるのかを、お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

記事は3分ほどで読めますので、すこしだけお付き合いくださいm(__)m

 

 

 

 

 

biscue代表カサイが解説します。

 

?


 

 


 

 

 

これが失敗しやすいパターン

 

下にある項目で、思い当たるモノはありますか?

 

 

 

・髪が多い

 

・白髪がある

 

・髪が細い

 

・クセが強い

 

・年に数回色を変えたり乗せたりする

 

・わりとカットで髪を減らしている

 

・低価格サロンを利用している

 

・行きつけサロンが無い

 

・行きつけサロンの使ってる薬や仕事内容をよく知らない

 

 

 

 

どうでしょう、当てはまりましたか?

 

当てはまる数が多いほど、失敗しやすい要素が多いかもしれませんね。

 

 

次ではもう少し具体的な内容に触れてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正が失敗しやすい3つの要因

 

 

@技術が難しい

 

A数が少ない

 

B料金設定

 

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

@技術が難しい

 

縮毛矯正の技術ってどうやって習得するかイメージできますか?

 

実は学校やお店で何時間もかけて勉強したりとか普通しないんです。

 

ではどうやって覚えるか?

 

 

 

  もう少し詳しく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A数が少ない

 

通常のサロンでの縮毛矯正の数は月間1、2人あればいい方です。 

 

ちなみに僕が担当するのは3日に1人くらいです。

 

沢山やらなくても上手くなれますか?

 

 もう少し詳しく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



B料金設定

 

縮毛矯正が失敗しやすい理由の一つに

 

相場の価格が低い事が関係します。

 

2万円なら高い思います?

 

いくら位なら出せる金額ですか?

 

 もう少し詳しく

 

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正×他店との違い

 

 

 『biscueのこだわり』 をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

biscueの縮毛矯正の特徴は

 

ツヤ感が違う

 

・持ちが良い

 

・難しい髪にも対応できる



縮毛矯正 20のこだわり

 

 

 

2人施術 特殊1剤 細かい1剤コントロール 早塗布 分け塗り 塗布量 放置タイム 放置方法 テスト方法 1剤流し方  ドライ法 アイロンはさみ方 アイロン温度 毛先アイロン  etc

 

あらゆる箇所でこだわっています。全てが仕上がりへ影響を与えてきます。

 

 詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

どうでしょう参考になったでしょうか?

 

実はお客さんにもして頂きたい事があります。

 

役立つ内容なので参考にしてみて下さい。

 

↓     コチラ    ↓

 

◆【ご来店前に読んでおいて下さい】 (ご来店されない方にも役立ちます)

 

 

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@技術が難しい (詳しく解説)

 

ヘアカラーを自宅でやったことある方ならイメージしやすいと思うのですが、カラー剤の箱の裏に染め方説明があるんですよね。

 

縮毛矯正も同じなんです。

 

あとは先輩の指示に従ってやる!
の繰り返しなんです。

 

学校の場合は、そもそもほとんど教えないかもしれないですね。

 

 

 

あとは講習会に参加するか。

 

でも問題がありまして。

 

そもそも縮毛矯正を極めてる人ってのがホント少ないのです。

 

 

僕も過去数回、先生方が開く講習会に参加しました。

 

有名な人達で、同じ美容師からも一目置かれる様な実力者です。挙げてる写真では物凄い艶々髪で縮毛矯正が上手いと評判のお店の先生方です。

 

期待を胸に勉強させてもらいに行くんですよ。1回数万とかの講習会もありますよ。

 

縮毛矯正の講習会って大体クセ毛のモデルさんが居て、実際に縮毛矯正するんですよ。3、4時間はかかりますよね。

 

で終わってみたら、あんまりきれいに伸びてないんですよ。

 

パサパサになってしまっていたり、癖の伸びが甘かったり。

 

大抵失敗してますよ。

 

まあ、確かにモデルが難しい髪質であったりはするのですが、先生方が自画自賛するほど綺麗に伸びてない事がほとんどです。

 

コレ何が言いたいかと言いますと、縮毛矯正を極めてる美容師はほとんど居てないのが現状です。

 

実は皆さん結構カン頼りでやっています。

 

縮毛矯正って分かってない事が結構多いんです。

 

クスリの利かせ方はコレが正解だよね?くらいの感じです。何年かしたら、あれは間違いらしいよってのが沢山あります。

 

僕の場合、ある程度の知識と、経験がありますので割と失敗は少ない方だと思いますが、それでも最後はやはりカンですよ。

 

 

 

縮毛矯正が難しい理由はその工程の多さです。

 

その為、仕上がりがイマイチだったとしても、どの工程でミスが起きていたのか判断しづらいのです。

 

そして縮毛矯正はデータが大事。うちのお店は縮毛矯正のデータをものすごく細かく残しています。でないと、次回に活かせないからです。分からない、カンに頼らざるを得ない中でも、データがしっかり残っていれば大違いですからね。

 

  もどる

 

 

京都の縮毛矯正にこだわるお店biscue

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A数が少ない (詳しく解説)

 

数をこなせば上手くなる。

 

そんな単純な事ではありません。

 

しかしある程度のスパンで縮毛矯正してないと上手くならないでしょうね。

 

通常のサロンでは、縮毛矯正をして、忘れた頃にまたやっての繰り返し。これが上手くならない理由です。

 

 

縮毛矯正に限らずナニカを毎日やってる人なら日々反省と向上を出来ますよね。
日に数回してる人なら、毎回失敗と改善を繰り返し精度をアップグレードして行く事が出来ます。

 

コレに対し月1、2回の頻度はナニもやって無いに等しいのです。
言葉は悪いですが、多くの美容師さんが縮毛矯正に関していえば素人に毛が生えた様なものです。
僕も10年くらい前はそんなだったので。。。

 

やはり経験値を積むことは大事なんですね。

 

  もどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B料金設定 (詳しく解説)

 

縮毛矯正は出た当時4万とか当たり前でした。

 

20年ほど前は京都では2万くらいのお店が多かった様に思います。

 

今でも普通のサロンは2万くらいのお店が多いです。

 

3万以上とかあまり見た事無いですね。

 

1万とかのお店もあるくらいです。

 

やってる流れは大体同じですよ。

 

1万くらいのお店はもしかしたら縮毛矯正と言いつつストパーに近い事をしていたりもありますが。

 

具体的な違いはちょっと薬が良いとか、ちょっとしっかりやるとかそんな違いなのかもしれません。

 

しかし工程が多いので、少しずつが結果に表れやすいのかもしれません。

 

通常のサロンでは2〜4時間くらいが縮毛矯正にかける時間です。

 

うちのお店では3〜4.5時間くらいですね。しかも常時二人がかり。

 

多分材料費は通常の倍くらいかかっています。単純に薬をたっぷり塗ってる時点で経費が掛かっているためです。

 

あとは、仕組みの問題なのですが、うちのお店では失敗よりも時間をかけて確実にを意識しています。

 

これどういう事かと言いますと、通常の美容師心理だと、「ちょっと薬の効きが微妙かな〜、でも塗り直す時間ないし進めちゃおう。あ〜やっぱり伸びてない・・・アイロン仕上げでごまかしちゃえ!」

 

ってのが良くあるパターンです。

 

コレって最低な行為だし、あってはいけない事なのですが、起こるべくして起こる事なんです。

 

 

 

例えば2万円で縮毛矯正してるお店多いですよね。

 

2万って大金ですよ。サロンのメニューでも一番高いですしね。

 

スムーズに終わったとしたら十分に利益が出るメニューではあります。

 

ですがそれはあくまでスムーズに終わったらの話です。

 

実はやり直しとなった場合利益どころか赤字が発生する場合もあります。

 

『2万円で縮毛矯正をする』という制約の中で仕事をするとできる事が限られます。

 

高いから上手い。安いからダメ。

 

とは思いませんが、ある程度価格も関係してくるのかなと僕は思います。

 

 

  もどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正 20のこだわり (詳しく解説)

 

 

2人施術・・・2人でする事のメリットはスピードアップです。そして重要なのが1液塗布です。塗布に10分かかるとしたら、スタートと最後に塗った所では10分のタイムラグが出るからです。20分かかってしまったら、反応が過剰になっていてもおかしくありません。だから縮毛矯正に関しては2人施術が理想なのです。

 

 

特殊1剤・・・髪質は様々です。元々の毛質も違えば、やってるカラーも違い、その時の状態も違います。髪に合わせた繊細な薬を使用しなければいけません。 『傷まないクスリ』 というモノが常に出てきますが、ベースはほとんど変わりません。大事なのは薬のスペックを把握して、適切な選定をする事です。通常2.3種の剤ですが、biscueでは1剤だけで10種を使用しています。

 

 

分け塗り・・・髪質は頭の部分でかなり違う事があります。えりあし、後頭部、生え際、素人の方が見てもわかるくらいに太さから違います。だから薬の効き方も違います。そこを調節しながらすると綺麗に伸びます。

 

 

塗布量・・・塗布量が少ないとムラが起きます。髪質によっては吸い込むタイプの毛もあり、一見きちんと塗れていても、中がしっかりしみ込んでいないという事もあります。だから薬はたっぷり塗る必要があります。

 

 

テスト方法・・・1液の見極めが一番のキモとなりますが、これは経験でしかつかめないものだと思います。

 

 

1剤流し方・・・しっかりと薬を流す必要があります。これが意外と出来てない事があります。

 

 

 

 

他にも秘伝の技がいくつもあります。これだけ色んな事を考える事で綺麗に伸びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

どうでしょう参考になったでしょうか?

 

最後になりますが、皆さんにも出来る事があります。

 

役立つ内容なので参考にしてみて下さい。

 

↓     コチラ    ↓

 

◆【ご来店前に読んでおいて下さい】 (ご来店されない方にも役立ちます)

 

 

 

 

 

 

上にもどる

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

【biscueの縮毛矯正】

 

髪質改善

施術例

プライベートブログ

アイテム

TOP

ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな方にオススメ。

 

艶サラになりたい方。

 

ダメージが気になる方。

 

 

 

 

 

 

 

20のこだわり

 

・2人施術  ・特殊な1剤  ・早塗布
・細かい1剤コントロール  ・分け塗り
・塗布量  ・放置タイム ・放置方法 
・テスト方法  ・1剤流し方  ・ドライ法
・アイロンはさみ方 ・アイロン温度 
・毛先アイロン ・2液の塗り方 
・2液の塗布量 ・etc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

 

髪質改善縮毛矯正は傷みは無いのでしょうか?


 

 

はい、当店の【髪質改善縮毛矯正】は傷みは少ないをうりにしております。

 

取り扱いを誤ればダメージも出ますし、絶対に傷まないとか言いきれるものではありませんが
、出来る限り負担を出ない様にこだわった縮毛矯正を提供させて頂いております。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこであててもクセが残るのですがそんな髪でもできますか?


 

 

はい、当店の【髪実質改善縮毛矯正はどんな難しい癖にも対応して来ました。
1度で100点を出すのは難しいですが、回数を重ねるごとに100点に近づけられるような仕事を心がけております。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

【普通の縮毛矯正】と【髪質改善縮毛矯正】は薬が違うのでしょうか?


 

 

当店は薬剤にもこだわっております。
ただ、アイテムも一長一短あり
それぞれのアイテムに良い所があります。
大事なのはアイテムの特徴を見極め
適した使用をする事だと考えております。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何時間くらいかかりますか?


 

 

はい、大体の目安ですがロングの方で3時間程度です。多毛+50分、新規+30分、難しい毛30分、カット無し-40分、通常縮毛矯正-30分といったといった所でしょうか。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

料金は人によって違うのでしょうか?


 

 

オプションを付けない限りは一律料金でさせて頂いております。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目以降の料金は?

 


 

 

リタッチかそうでないか、ケアもつけるかで変わりますが、それ以外は一律料金でさせて頂いております。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リタッチと全体の違いは?


 

 

6か月以内の縮毛矯正はリタッチで出来ます。6か月以内でもダメージ毛の場合、髪全体にケア剤を利かす時などは全体でさせて頂きます。艶感や手触りの違いが出てくると思います。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビビり直しも出来ますか?


 

 

はい、こちらをご覧ください。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正×髪質改善ブログ×京都×biscue×TOPへ】

 

京都の縮毛矯正にこだわるお店biscue記事一覧

◇縮毛矯正の実例

top page髪質改善の方法ヘアケアのQ&Aシャンプー選び

≫続きを読む