縮毛矯正 京都

◇京都No.1縮毛矯正

髪質改善

施術例

プライベートブログ

アイテム

TOP

ホームページ

 

 

京都の【縮毛矯正に特化】したサロン

 


 
こんな方の為の美容室です。

 

・縮毛矯正で失敗された

 

・どこ行っても納得できない

 

・チリチリになりやすい

 

 

 

 

 

京都中の『最高Lvのクセ毛にお悩みの方』が集まるお店。

 

1000人を超える縮毛を担当。

 

こだわりぬいた施術が他店にマネできない強み。

 


 

 

 

 

縮毛矯正の色々 目次

 

 

 

 


縮毛矯正 例

 

 

 

仕上がり写真は全て、ブローやアイロンは入れていない自然に乾かしただけの状態です。

 

 

 

 

髪質改善 縮毛矯正

 





美山からお越し頂きました。

 

髪質改善 縮毛矯正 トリプルケア  Sコース?

 

ビフォー アフターは乾かしただけ 最後は内巻きにアイロン仕上げしてます

 

一見癖が強いわけでは無いのですが、ところどころパヤパヤした細くてウニャウニャしたクセが混じっているのと毛先が右にはねるのが気になってました。

 

喜んでもらえて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ばっさりボブ×縮毛矯正

 

 

高雄からお越しのU様。ばっさりとボブに。いい感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆髪質改善 縮毛矯正 について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正×クセ弱い

 

 

太秦からお越しのS様。健康でクセが弱い毛は、簡単に艶が出ます。ヘアカラーをするとしても髪質改善ヘアカラーならかなり負担を抑えれるので、縮毛矯正とも相性はGood!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショートヘア×髪質改善縮毛矯正

 

 

長岡からお越しのK様。

 

カット 縮毛矯正 S 特 多い  

 

 

 

 

◆髪質改善 縮毛矯正 について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期的に縮毛矯正するとお手軽。

 

仕上がりは乾かしただけです。

 

5ヶ月ぶりの縮毛矯正。

 

定期的にする方がやり易いです。

 

京都市、太秦からおこしのS様。

 

縮毛矯正 カット 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約は、ラプセットのLINE@ラインアット(登録簡単!)でもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケミカレーションとは
ケミカレーションは髪の毛を綺麗にするメニューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パサパサで困っていたお客様の2年経過。

 

京都市左京区からお越しのH様。

その後、縮毛矯正キュアカラーを定期的に繰り返し

 

こちら2年後ブローなしドライのみの状態。




だいぶ綺麗に伸びました。サラッサラです。

 

巻き仕上げ。

かなり髪が強くなりましたね。

 

 カット+縮毛矯正 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケミカレーションとは

 

ケミカレーションは 色んな技術を用いて  髪質を改善します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪が多いと伸びにくい。

 

京都府向日市からお越しのY様。

 

髪が多い方は伸びない経験が多いと思います。

 

それは単純に大変だから。

 

大変だとミスが増えるため伸びにくいのです。

 



ドライのみ仕上げ。

 

 

縮毛矯正
L
多毛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショート 縮毛矯正

 


 

京都市中京区からお越しのI様。ブローしてませんよ。

 

カット
特 縮毛矯正s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛が生まれ変わる。

 

京都市、西院からお越しのI様。

 


以前はアルカリカラーで髪が荒れていましたが当店でハイブリッドカラーをするようになり今は完全に髪が生え変わりしっかりしてきました。
今回は癖が気になっているので自然目に縮毛矯正する事に。

 

仕上がり ドライのみ ブローはしてない状態

 

カット 縮毛矯正 ショート 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケミカレーションとは

 

トリートメントで満足する物に出会えた事ありますか?

 

美容師の私自身 満足できる物に出会えずにいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超多毛超ロング超クセ強い。

 



縮毛矯正終了ドライのみ ブラシ入れてません。

 

 

西京極のお客様。とても髪が多くクセが強く長いです。とにかく縮毛矯正の場合、髪が多いと時間がかかり、長いと時間がかかり、クセが強いと時間がかかります。ヘアカラーなどは毛が多くても薬剤は沢山使いますが、塗布の時間はそれほど増えません。しかし縮毛矯正は工程が多いのですべての工程が少しずつ長くなるため、影響が大きく出ます。このお客様もそうなのですが、髪が多い方はそれだけ時間がかかります。他店できれいに伸びないお客様の多くはかみのおおい、クセの強いお客様です。他店が弱い理由、それは例えるなら超高層ビルを建てる為にじっくり慎重に計算し手間暇かけて挑まなくてはならないのに、他店の価格設定では、工期は半分、費用も半分でやってくれという様な物です。たまたまいい具合に出来上がる事もあるかもしれませんが、下手したら崩壊の危険性もあります。縮毛矯正も同じことが言えます。大抵一律料金でしているお店がほとんどです。縮毛矯正カット2万円で一律。髪が多く毛が長いと言っても倍の料金がかかりますとは言えないのが美容院です。しかし実際には、倍の手間と時間を要する事もあります。このギャップを埋めようと無理すると失敗に繋がります。はい、髪が多いと伸ばすのが大変で料金が高くなってしまうお話でした。

 

縮毛矯正 超ロング 多毛 クセ強い 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康毛は縮毛矯正がききやすい。

 




 

くどいようですが、ドライのみです。

 

カット
縮毛矯正L

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケミカレーションとは

 

ある時ケミカレーションの 噂を耳にしました。

 

マニアックな美容師集団が 面白い研究していると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメージ毛は料金が割高になります。

 

仕上がりは乾かしただけです。


 

京都の中京区から初めてお越しのY様。カラーでのダメージが進んでいる為デリケートな状態でした。ダメージ毛は縮毛矯正料金が割高になります。それは施術の難易度が上がる為です。強い髪なら薬剤を少し長めにおいても平気なので念のためにしっかり目に利かせる事が出来ます。デリケート毛はできるだけ最低限の利かせ具合で行かなければ下手すればチリチリのビビり毛になってしまいます。その反面、足りていなければもう一度最初からやり直しになります。これは美容院側にとっても非常にハイリスクになる為、割高に料金を頂く形になるわけです。。料金はその時の状況に応じ変化していきます。写真はドライのみの仕上がり。

 

カット
特殊縮毛矯正S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミディアムスタイルの縮毛矯正

 

京都の伏見からお越しのH様
仕上げはドライのみでカット前の状態。

 



 

 

今回ラプセットではじめての縮毛矯正になるのですが、以前も他店で縮毛矯正されていたようなのですが、あまり伸びなくて癖が伸び切っていませんでした。ですので今回は根本のクセと、何度か縮毛矯正されている箇所とを同時に施術させて頂きました。工程が複雑になりますので特殊縮毛矯正扱いとなております。この後顎ラインまでバッサリスタイルチェンジをさせて頂いていますのでスタイルチェンジカット料金でいただいております。

 

カット スタイルチェンジ
特殊縮毛矯正
ミディアム
アイロン仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しつこいようですが
ラプセットの仕上げ写真は
ドライのみの状態です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正とヘアカラー同時施術

 

 

仕上がりは乾かしただけです。





 

亀岡からご来店のT様常連様。白髪を染めつつピンク系にしたい。そして縮毛矯正で癖を落ちつけたい。できれば分けた方が良いと説得したのですが、どうしても一緒にしたいとの希望が強かったので、一緒にさせて頂きました。一緒にすると失敗リスクが上がります。やることも大掛かりになります。料金も高くなります。なので特別な理由がない限りは分けた方が良いです。今回は特にピンク系ご希望でしたので、ヘアカラー、縮毛矯正、ヘアカラーとしました。写真はドライのみの仕上げ。

 

縮毛矯正
ピンク系グレイカラーダブル
カット
Dシャン
スパ
ドライ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケミカレーションとは

 

トリートメント 縮毛矯正 デジパ ヘアカラーに織り交ぜて使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【自然に縮毛矯正】

 



 

長岡京市から初めてご来店のK様。真ん中はカットしてドライのみの仕上がり。最後はアイロンで丸みを付けた仕上げ。ショートなのでピンピンに伸ばすと不自然になりますので、中間まではしっかり伸ばして、毛先は少し調整しながらの縮毛矯正にさせて頂きました。

 

ニュアンスカット
縮毛矯正 特 ショート
クレシャン
アイロン仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正で艶髪キープ。

 

 

仕上がりは乾かしただけです。

 

京都の南区からお越しのN様。縮毛矯正させていただきました。写真はドライのみ仕上げです。大体半年一回でさせて頂いています。癖が強く髪が多いので少し伸びにくいですが、健康な髪ですのできれいに当たります。更にカットも特にこだわりがないようですので、厚みを残して落ち着きやすさ重視のスタイルにさせて頂いております。やりたては綺麗ですが、半年もたつと、少し癖が戻る様子でしたので、そうならないように調節させて頂きました。

 

カット
縮毛矯正 L 多毛
クレシャン
内巻き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハチ張りお悩み解消。

 

 







ハチが張るのが気になる。分け目も気になる。小顔にしたい。毛がハネる。襟足がごわつく。を改善させて頂きました。縮毛矯正で改善できる部分、カットで改善できる部分、スタイリングで改善できる部分をそれぞれに手を加えました。今までしたことがない提案もあったようで喜んで頂けました。

 

前髪カット 特縮毛矯正 M 多毛 クレシャン スタイリング

 

 

 

◆縮毛矯正した後のお手入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正した後の髪は内部構造が変化している。

 

 

 

縮毛矯正とは薬剤によって

 

クセ毛の結合を切り

 

真っすぐの結合につなぎ直す事で

 

ストレートになります。

 

そして高温を与える事でタンパク編成を起こさせて

 

ストレートにするという

 

2つの面からのアプローチで成り立っています。

 

 

 

この高温を与えるという行為が

 

髪のたんぱく質を大きく変えるのですが

 

分かり易く言うと

 

生卵がゆで卵になった感じです。

 

 

 

 

すると今までとは違ったことがいろいろ起こるのです。

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康な状態を保つ必要がある

 

 

 

縮毛矯正をした後の髪の毛は

 

見た目以上に負担を受けています。

 

さらなるダメージを受けていくと

 

限界を超えてストレート状態を保てなくなり

 

元のクセ毛よりもひどい癖になる事もあります。

 

 

 

とはいえ、よほどのダメージを受けなければ

 

ストレートを保てなくなりませんので

 

そこまで恐れる必要もありません。

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷ませないお手入れの仕方

 

 

 

 

傷ませないようにするには

 

・強いテンションをかけない

 

・ヘアカラーは優しいカラーでなるべくリタッチ

 

・アミノ酸シャンプーを使う

 

等です。

 

 

 

 

コテなども傷まなくはないですが

 

使い方を間違えなければ

 

皆さんが思っているほどは負担はありません。

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘアカラーとの付き合い方

 

 

 

 

縮毛矯正をした髪は

 

ヘアカラーの染まり方が全く違います。

 

大体2〜3レベル明るくなりにくくなります。

 

なのでムラも起きやすくなります。

 

 

 

それを考慮すると

 

ヘアカラーはリタッチがおススメです。

 

そしてマメにした方がムラにはなり難いです。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の縮毛矯正

 

 

縮毛矯正は次回いつしたらよいか?

 

 

 

 

最短だと

 

1か月後でも出来なくはないです。

 

しかし1か月くらいだからといって

 

早く終わるわけでもなく

 

むしろ神経を使う必要があります。

 

 

 

 

早い方で3か月後くらいで縮毛矯正されに来ますね。

 

4か月後くらいでされる方が一番多いですね。

 

 

 

半年超えてくると施術範囲が分かり難くなるとともに

 

範囲も広がってきて大掛かりになって来ることが多いです。

 

 

 

出来ればマメに縮毛矯正あてている方が

 

きれいな仕上がりをキープできます。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆酸性ストレートとは

 

 

 

酸性ストレートは

 

本当に傷まないのか?

 

結論から言いますと

 

傷まなくは、無い といった感じです。

 

 

 

数年前から美容業界に急速に広まった

 

酸性ストレート。

 

 

 

 

よく目にするのは

 

「当店は酸性ストレートを使用しています。酸性なので傷みません」

 

といった広告ですね。

 

 

 

しかし酸性ストレートは実際の所

 

酸性ストレートでチリチリになった方は

 

結構多いはずです。

 

酸性ストレートでのトラブル毛の方は

 

未だに後を絶ちません。

 

 

 

酸性ストレートが力を発揮するのは

 

ハイダメージ毛の時でしょう。

 

少々のダメージ毛に酸性ストレートを使っても

 

苦労する割には、伸びが甘かったり

 

過還元と言って断毛の恐れもあります。

 

 

 

ではそもそも、なぜ酸性ストレートは傷まないなどと

 

宣伝してしまう美容室が増えたのか。

 

 

それは、酸性ストレートを広めたメーカーの”傷まない縮毛矯正”のキャッチコピーを

 

美容師側が鵜呑みにしてしまった結果なのですね。

 

 

 

勿論酸性ストレートできれいに伸びる方もいらっしゃいますし

 

満足できている方がいるのも事実です。

 

 

 

しかし髪質によっては、アルカリストレートの方が綺麗に仕上がる場合もあるし

 

酸性ストレートでは満足できない方もいらっしゃいます。

 

 

そして酸性ストレートは、扱いが難しいです。

 

時間がかかりがちだし、リスクも高いのが難点ですが

 

確かにアルカリ独特の負担は受けない。

 

 

 

 

アルカリストレートの場合は

 

アルカリ膨潤で髪が大きな負担を受けるのは確実です。

 

しかしその代償としてクセを伸ばす事ができます。

 

結果が綺麗なので、実際のダメージよりも見た目の美しさが上回るから

 

多くの方が縮毛矯正を続けます。

 

 

 

酸性、アルカリ共に長短がありますが

 

大事なのは薬剤の特徴をしっかり把握し

 

使いこなす事だと思います。

 

 

 

 

もし酸性ストレートでビビり毛になってお困りの方は

 

ラプセットにご相談ください。

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

髪はすくとパサツク。

 

髪はすく事で長さがバラバラになっていきます。

 

一本一本の毛先が微妙に跳ねます。

 

段が入った部分も同じです。

 

クセをとってもそれは免れません。

 

それがいっぱいあるとパサパサして見えます。

 

 

 

巻くとイイ感じ。
すきや段が入ってても いい感じに収まる

 

スタイルもあります。

 

 

 

縮毛矯正はすき控えめ。

 

縮毛矯正の場合相性が悪いのか

 

すくとパサツキます。

 

なのでなるべくスキや段を控えたスタイルを

 

ご提案する事が多いです。

 

すくとしても見えない中の部分をすいたりが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【京都 縮毛矯正 ラプセット ホームページ】

 

◆縮毛矯正とアイロンどちらが傷みますか?
Q、縮毛矯正とアイロンどちらが傷みますか?毎日ヘアアイロンをするのと縮毛矯正をするのではどっちの方が髪の毛が痛みますか?A、縮毛矯正です。毎日アイロンし続けていくとダメージはあると思うのですが見た目にそこまで変化は出ないと思います。勿論ある程度のダメージはあると思います。一方縮毛矯正をすると、あと1...
続きを読む

 

◆髪ふうせんの補修トリートメントの購入を迷っています。
Q、髪ふうせんの補修トリートメントの購入を迷っています。髪のチリチリで悩んでいます。10年以上縮毛矯正を続けているのですがここ数年はどこに行ってもあまり納得いく仕上がりにならず最近は毛先チリチリして元の癖よりもひどい状態です。ネットでビビリ直しなどで検索したところ髪ふうせんという所のビビリ直しを見つ...
続きを読む

 

◆ストカール失敗しました。
Q、助けてください。ストカール失敗しました。先ほど美容室で低温縮毛矯正と低温デジタルパーマをしてもらいましたが、終わって乾かしてみると見事にパサパサでチリチリゴワゴワただの癖毛になってしまいました。担当の美容師さんも失敗とは口に出さなかったものの、すごく申し訳なさそうにしてて「アイロンで伸ばすことも...
続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆【ご来店前に読んでおいて下さい】

 

≪☆重要☆≫

 

 

 

ラプセットでは縮毛矯正の施術はスタッフ2人分の予約枠を確保させて頂いております。

 

ご予約はお早めがオススメです(キャンセルもお早めに)

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ラプセットの縮毛矯正はココが違う

 

・常時2人がかり施術。(フロント部分矯正は除く)

 

・他店で諦めた特殊な毛にも対応。

 

・独自の特殊テクニック。

 

・数多い経験値。

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【京都 縮毛矯正 ラプセット ホームページ】
>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正で髪質改善とは?

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正をするとパサパサしなくなる

 

 

 

 

パサパサとは広がりであったり

 

反り返りであったり

 

クセ毛が原因で起こる現象の一つです。

 

 

 

痛むとパサパサしてくるのは

 

ダメージする事で

 

髪が湿気の影響を受けやすくなり

 

クセが出やすくなる為です。

 

 

 

 

また髪の内部物質やキューティクルが失われることで

 

引っ張り強度が落ちたり

 

乾燥を引き起こす事で

 

髪が反り返ったり

 

クセが出たりするのです。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正をすると艶が出る

 

 

 

髪に艶を出す方法は

 

2つです。

 

 

1つは油を塗る事です。

 

もう一つは、髪の表面の凸凹を無くす事です。

 

光が髪に当たる時、凹凸があると一定に反射しません。

 

逆に凹凸が無く、真っすぐであれば

 

光は一定に反射し艶が出るというわけです。

 

 

縮毛矯正をすると

 

この凸凹が取れる為、ツヤツヤに見えるのですね。

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正するとザラザラしなくなる

 

 

髪の毛を一本指で滑らすとザラザラする事がありますよね?

 

髪の断面は円ですが

 

ストレート毛の方は綺麗に円ですが

 

クセ毛の方は、楕円をしています。

 

だえんでねじれている為

 

横から見ると太さが太くなったり細くなったりしています。

 

なので指を滑らすとザラザラと感じます。

 

 

 

縮毛矯正はこのねじれを取る事で

 

髪をツルツルとした滑らかな手触りに変えてくれます。

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正するとギラギラがなくなる

 

 

髪がギラギラして気になった事はありませんか?

 

いい感じにギラギラしてるわけでは無く

 

なんか変な感じにギラギラしますよね?

 

 

 

あれは、髪の表面が凸凹して光の反射が

 

バラバラしているからなのです。

 

 

 

縮毛矯正では髪の表面の凸凹を取ることができますので

 

光は一定に反射してギラギラを解消してくれます。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正すると頭が小さくなる

 

 

髪のボリュームが気になる方は多いです。

 

もっと髪が少なくなってほしい。

 

もっと髪が細かったらよかったのに。

 

 

 

ボリュームには、髪のクセも大きく関係しています。

 

髪の毛がストレートの方は髪の量だけですが

 

クセ毛の方は、癖の上からクセが乗る為

 

ふくらみやすくなります。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正の日は自然な状態で。

 

くせの出方を見るのに

 

自然な状態が良いです。

 

 

ブローしない

 

帽子かぶらない

 

結ばない

 

トリートメントをつけ過ぎない。

 

 

その方が二度手間になりません。

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆傷んでいる人、ブリーチ毛、メッシュの人は要注意。

 

傷んだ髪は自由度が低い。

 

健康な髪は色んなことができます。

 

 

 

傷んでる髪はできる事が少なくなります。

 

 

 

ブリーチ毛は縮毛矯正は厳しいです。

 

ダメージの低いブリーチ毛なら縮毛矯正できるかもしれません。

 

ラプセットでは他店でのブリーチ毛は縮毛矯正は不可です。

 

 

頻繁にカラーチェンジもオススメできません。

 

縮毛矯正している毛に大きなダメージを与えるとストレートが綺麗に保てません。

 

 

メッシュ毛。メッシュの部分はダメージしているので、その他の部分と薬の反応速度が違います。

 

塗り分ける事は困難を極めますので、縮毛矯正をしている方はメッシュはNGです。

 

 

縮毛矯正→デジパはNG。逆はあり。

 

縮毛矯正部分にデジタルパーマは自己責任で受け付けます。

 

 

デジタルパーマ部は傷んでなければ縮毛矯正可能です。

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正当日に心がける事

 

来店前の心がけ。

 

美容院に行く前は

 

自然な状態が良いです。

 

 

癖の状態がわからないと

 

時間をロスします。

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンになっていませんか?
プリン部分は縮毛矯正あたりにくいです。

 

2センチ以上プリンが出てたら、先に染めましょう。

 

 

 

 

 

 

料金について

 

ラプセットの料金は

 

手間と材料費と時間を考慮して頂きます。

 

2時間以内で終わる方もいますし

 

2人がかりで5時間かかる場合もあります。

 

髪の状態が難しい、量が多い、長い

 

このような要素が料金にかかわりますので

 

色んな人の施術例と料金を参考にしてください。

 

縮毛矯正は、スタッフ二人分の時間を確保しております。

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

【京都 縮毛矯正 ラプセット ホームページ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正に合う髪型

 

 

 

髪はすくとパサツク。

 

髪はすく事で長さがバラバラになります。

 

一本一本の毛先が微妙に跳ねます。

 

段が入った部分も同じです。

 

クセをとっても毛先の5ミリくらいが反ります。

 

それがいっぱいあるとパサパサして見えます。

 

 

 

巻くとイイ感じ。
すきや段が入ってても いい感じに収まる

 

スタイルもあります。

 

 

 

縮毛矯正はすき控えめ。

 

縮毛矯正の場合すくとパサツキが目立ちます。

 

なのでなるべくスキや段を控えたスタイルを

 

ご提案する事が多いです。

 

すくとしても見えない中の部分をすいたりが多いです。

 

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正とヘアカラーは一緒にしない方が良い。

 

当店で一緒にする時は

 

根元2センチ以上が染まってない状態で

 

縮毛矯正に来てしまった時です。

 

それはカラーしていない部分は

 

縮毛矯正が利かない為。

 

そのかわり色が落ちますし

 

狙い通りに染まるとは限らないので

 

妥協したヘアカラーになってしまいます。

 

 

矯正後にカラーなども場合によっては問題ないですが

 

場合によるので、お勧めできない場合も多いです。

 

時間も長くなってしまうので

 

特別な理由が無い限り

 

ヘアカラーと縮毛矯正は 分けた方がよいです。

 

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正とヘアカラーのタイミング

 

ヘアカラーがプリンになっている部分は縮毛矯正が利きません。

 

なのでヘアカラーをしてから1ヶ月以内で縮毛矯正するのがおすすめです。

 

ヘアカラーをしてすぐに縮毛矯正すると色落ちがします。

 

ですので最低でも2週間はあけて頂く事をオススメします。

 

 

目次に戻る

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正2液の塗り方

 

縮毛矯正の2液はたっぷり塗りましょう。

 

これをケチると全て台無しです。

 

特に吸水毛は物凄く乾きますので

 

よりひたひたに塗りましょう。

 

ラプセットでは

 

多い時には

 

カップ1杯分くらい使う事もあります。

 

 

 

オキシは(過酸化水素なので)

 

ヘアカラーの物と同じですが

 

縮毛矯正用2液は

 

%が低く1%〜2%程度です。

 

 

 

 

 

 

またヘアカラーもしなければいけないとい状況であれば

 

2液代わりにヘアカラーを

 

という考え方もあります。

 

 

オキシの反応不足にも注意です。

 

オキシを塗り終わって熱を感じることありますよね?

 

あれって酸化しているからなんですが

 

熱が出ているときはオキシが足りていない可能性が。

 

程度の低いオキシだと良くなります。

 

タイムを5分の所をもっと置くとか

 

塗布量を上げるとかしましょう。

 

縮毛矯正の出来がいまいちだなって時は

 

オキシも見直しましょう。

 

酸化不足でパサ〜ってのはありがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正アイロンの方法

 

縮毛矯正アイロンの方法も今では様々ですが

 

一般的な方法としまして

 

 

・低温アイロン

 

・ノーテンションアイロン

 

・ウエットアイロン

 

・カールアイロン

 

 

等がありますね。

 

 

 

それぞれに一長一短ありまして

 

使い方次第では失敗も引き起こしやすい

 

方法もあります。

 

ようは髪の状態と

 

扱い方を見極める必要があるのはどれも一緒です。

 

 

 

髪質×薬剤×技法

 

なのでそれをチョイスミスしないようにしましょう。

 

 

一ついえるのは

 

ネットで私と同じように記事を書いている方で

 

技法を書いている方がおられますが

 

私を含め、何でも鵜呑みにしない事です。

 

 

 

しょせんネットに書いてる事です。

 

平気で嘘や誇張を書いていますよ。

 

ウイッグでいくら実験しても

 

人間の毛とは違います。

 

 

 

たまたま何人かに成功してても

 

髪の状態なんて何通りもあります。

 

 

 

結局信じられるのは自分の経験のみなんですよ。

 

 

ちなみにラプセットは

 

髪の状態に合わせ

 

低温にしたり

 

カール入れたりしますが

 

基本にあるのは

 

オーソドックスなアイロン方法です。

 

基本180度です。

 

200とか220とかのアイロンもありますが

 

使うには条件を満たす必要があります。

 

かなり健康な毛。

 

スルーの速度を絶妙にコントロールできる。

 

それが難しい場合は180度以上の領域に

 

手を出さない方が良いと思います。

 

熱の当たってる時間

 

回数で結構変わります。

 

ちょうどよい所を見つけて下さい。

 

ひとついえる事は

 

良い縮毛矯正は、めっちゃ手間暇かかっています。

 

アイロンもこれでもかってくらい手間をかけてみて下さい。

 

縮毛矯正を2万とかでやるのバカバカしくなるくらいに(笑)

 

使用アイロンはラディアントです。

 

以前はアドスト使っていましたが、ラディアントの滑り具合の方が好きで今はこればかりです。

 

良いアイロンなのは皆様もご存じの通りですが、滑りに関してはラディアントをお勧めします。

 

イメージで言うとアドストは滑らかな石で挟んだ感じ、ラディアントは石をシルクで挟んだ感じ。

 

滑りが全く違います。特に先細った部分をスルーしてもらえば違いは歴然です。

 

逆にアドストの良い点は、やはりメイドインジャパンの信頼と耐久性です。3年使っても不具合無し。

 

ラディアントは中国製で、若干もろい部分が否めないですが値段も考慮すると僕はラディアント。

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正1液流し後のドライの仕方

 

 

 

縮毛矯正1液流し後のドライの仕方ですが

 

しっかり乾かす派

 

ほぼ乾かす派

 

湿り気を残す派とあります。

 

 

これにはアイロンとのバランスがあり

 

湿り気を残すのであれば

 

それだけしっかりアイロンを入れる必要があるかと思います。

 

あとパワーが強まりますがその分の負担も計算が複雑になります。

 

 

 

またドライもただ乾かすだけと

 

ブローしながら乾かすとでは仕上がりが変わります。

 

どれくらい水分を含んだ状態から

 

ブローするかでも仕上がりに差があります。

 

 

風の当たる角度、かけるテンション

 

その辺を工夫しながら乾かすと

 

綺麗な縮毛矯正ができるかと思います。

 

 

手間暇かけるほどきれいに伸びるのは間違いないです。

 

濡れ状態からのブローも大変ですが、やってみれば違いが分かると思います。

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正1液の流し方

 

 

縮毛矯正の1液を流す時は

 

しっかり流しましょう。

 

トリートメント効果があるので

 

少し残しましょうとか

 

そんなことを言う美容師が居ますが

 

流した方が良いです。

 

 

 

 

例えトリートメント効果と言っても

 

ダメージが少ないとかではなく

 

ドライ時に指通りがマシというくらいのものです。

 

 

 

指通りが良くても乾きにくくなりますし

 

還元作用が残ってしまったら

 

それこそ最悪の事態が

 

起こってしまっては

 

取り返しがつきません。

 

 

 

ネープが折れるのも気を付けましょう。

 

ネープが折れるという事は

 

軟化し過ぎのサインでもあります。

 

 

 

特に耳周りは薬が残りやすいです。

 

気を付けましょう。

 

 

アルカリに偏った髪がしっかり中性に戻ることを意識しながら

 

手触りを確認しながら流す事も大事です。

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆縮毛矯正1液

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の薬剤考え方

 

 

ラプセットでは縮毛矯正時の

 

薬の選定は

 

6段階程度に分けています。

 

 

 

根本中間毛先と場所によって状態は違います。

 

その状況に応じた薬剤を使用します。

 

 

 

薬の選び方をスーパーハード、ノーマル、ソフト

 

という様な何となくで行くよりは

 

数値化している方が良いです。

 

アルカリ度とチオ濃度とPHを把握しておくと

 

数値として具体性が増すはずです。

 

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正薬剤のチョイス

 

髪の状態を見て

 

どの薬をチョイスするかは

 

経験するしかありませんが

 

柔らかさ 伸び 型の付き具合などを考慮するのが良いと思います。

 

 

コツとしては

 

大抵の髪質は軟化を感じるのは意外と簡単かと思います。

 

 

問題は、一液を付けてすぐに反応しているように見える毛質です。

 

こうゆう毛は、すぐに流してしまい

 

結果伸びないという事になりがちです。

 

この時何が起きているかというと

 

軟化膨潤は割と早いけど

 

還元が追い付いていない

 

というイメージでしょうか。

 

 

一見利いてるように見えても、手触りやよく観察する事で

 

限界に近いのか、思っているほど反応が進んでいないのかを見極める事が

 

出来る場合もあります。

 

 

但しデータが不十分な場合、ギリギリを狙うのは危険です。

 

その事をお客様に理解してもらう事が重要だと思います。

 

 

 

そして皆さん一液を利かせすぎです。

 

当たり前の事ですが、オーバーするくらいなら

 

足りない方がまだましです。

 

読めないのであれば、弱いくらいを狙うべきです。

 

ペーハーを見極める事、還元を見極める事

 

これに尽きます。

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬剤塗布の考え方とコツ

 

 

 

 

 

 

塗布時の注意点は、たっぷり塗る事です。

 

特に吸水毛は注意が必要です。

 

乾かないようにしましょう。

 

 

ラプセットでは水スプレーで水分補給する事もあります。

 

 

 

リタッチする場合は、オーバーラップ部分の塗布量は落としましょう。

 

オーバーラップ部分のオーバーダメージを抑えるために

 

薬剤選定は慎重に行いましょう。

 

 

被せる事も考慮するとギリギリまで軟化させると

 

次回が危険です。

 

 

 

塗布はしっかり中に浸透するように

 

しっかりと揉みこみましょう。

 

 

意外と中まで浸透していないから起こる

 

部分的に伸びていないが起こります。

 

 

 

またネープとトップ、生え際では

 

髪の強さが違いますので

 

調節を忘れないようにしましょう。

 

 

塗布量で行くか薬剤を変えるか処理剤を使うか。

 

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の薬剤メーカーごとの違い

 

ラプセットの使用薬剤は、ミルボンのアテンジェシリーズ

 

アイアピアのフリーセルデフラグA等です。

 

薬剤はアルカリやチオ濃度の違いを把握しておく事が必要。

 

 

それぞれのスペックを表にしておくと便利です。

  アルカリ度 チオ濃度 PH
アテンジェ SH 6.4 10.4 9
       N 3 8.5 8
フリーセル S 0.8 5 7.5
デフラグA 0 7 5
       

 

 

 

例えばミルボンのSHのチオ濃度は

 

日本の法律の限界までの強さだそうですので

 

これ以上強い薬はありません。

 

 

添加剤にたんぱく質やコンディショニング剤が入ってるのも

 

毛への反応、塗布のしやすさ、とどまり易さ、香り

 

などに影響してきます。

 

 

ジェルタイプ、クリームタイプありますが

 

僕はクリームが好きです。

 

クリームはたっぷり乗せられて流れにくいしハケにも乗りやすいです。

 

ジェルタイプはアプリケーター塗布に向いているかもしれませんね。

 

また中に入っている、還元剤やアルカリ剤いがいの成分も結構重要ですね。

 

コンディショニングの良さを左右します。

 

剤に処理剤を混ぜたいのならシンプルで安い剤をベースに使うのも良いかもしれません。

 

 

 

目次にもどる

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし縮毛矯正厳しそうな場合

 

お客様の中には

 

これは一液のチョイスから厳しい

 

って場合が多々あります。

 

その場合、縮毛矯正はしない方が良い

 

とお伝えしても

 

プロなんだからできるでしょ

 

という風にどうしてもやってくれと無理を言われる方も

 

割といますよね。

 

 

 

経験上、美容師を信頼していない方のほうが

 

無理を言い結果クレームに繋がるケースが多いと思います。

 

 

信用が出来上がっていないから

 

こちらの提案は飲んでくれませんし

 

ミスも許してはくれないでしょう。

 

 

とはいえ、できませんと言い切ると

 

それだけで不満を生んでしまいます。

 

 

 

そこでこれを回避するコツを

 

紹介させて頂きます。

 

 

 

まずはお客様に対し、

 

上から目線で

 

髪が傷んでいるから

 

髪がムラだから

 

とお客様を責める言い方をしない事です。

 

ワタクシもついうっかり言っちゃうときありますけど(^^;

 

 

ではどうするか。

 

 

自分の持っている経験と知識では成功率が低いという事を

 

正直に言う事です。

 

あなたの髪質のせいではなく

 

ワタクシの力が及ばないので

 

成功できるか分からないので

 

とお伝えしてみましょう。

 

そうする事で、少しは良い方向に行くかなと思います。

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正とカラーは同じ店でした方が良い理由

 

4つの理由

・カラーは縮毛矯正に影響大

 

・カラーはやり方次第でダメージ

 

・狙い通りにできない

 

・タイミングも重要

 

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正に合う髪型

 

縮毛矯正をすると、カット次第ではパサついてしまったり、収まりが悪かったりします。

 

ですので、適したスタイルをチョイスしてあげるのがおススメです。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正とカラーと色について

 

縮毛矯正とカラーは結構影響を与え合います。

 

チョイスとタイミングが非常に大事です。

 

こればかりは美容師任せでは無理で、お客様自身の行動が重要になります。

 

知っておくとダメージを予防する事もできます。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の料金

 

縮毛矯正の価格は施術内容と比例している事が多いですが、割とあいまいな部分もあります。

 

比較的安くてもいい感じに当ててくれるお店も意外と多いのでは?

 

ただし、縮毛矯正のトラブルが多い要因の一つに価格設定の問題が影響しています。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

 

ストレートパーマと縮毛矯正は似ていますが、全く違うやり方で効果も違います。

 

各特長を見比べてみて、自分にあった施術を検討してみましょう。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正のお手入れ

 

縮毛矯正している髪はデリケート。

 

ダメージしないようにお手入れする必要があります。

 

ダメージが進むと真っすぐをキープしていられなくなるからです。

 

正しいお手入れで艶がみをキープしましょう。

 

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しやすい縮毛矯正

 

これに当てはまる方は失敗しやすいかも。

・髪が傷んでいる

 

・髪が多い

 

・髪が細い

 

・白髪染めしている

 

・クセが強い

 

・メッチャすいている

 

詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正したのに毛先がちりちりになりました。何故?

 

 

縮毛矯正はきちんとあたれば真っすぐになります。

 

しかし失敗すると、元の状態よりもクセが強くチリチリパサパサした感じのいわゆる「ビビり毛になります」

 

ビビり毛になりやすい人はチェックしてみましょう。

 

 

詳しくはコチラ

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正用シャンプーって良いですか?

 

縮毛矯正に適したシャンプーとは

 

・髪に負担をかけない

 

・指通りが良くなる

 

これだけです。

 

縮毛矯正用って概念は無く、美容室で販売している適したものが良いと思います。

 

詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正毛にパーマはあり?

 

縮毛矯正毛にパーマーするのはNGです。

 

傷んでクチャクチャになります。

 

ただし当たる場合もまれにあります。

 

もっと詳しくはコチラ

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗された理由。

 

 

 

縮毛矯正で失敗されて困ってる人って結構多いんですよね。

 

今回は何故ミスが起きるのかを、お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

記事は3分ほどで読めますので、すこしだけお付き合いくださいm(__)m

 

 

 

 

 

ラプセット代表カサイが解説します。

 

?


 

 


 

 

 

 

 

 

縮毛矯正が失敗しやすい3つの要因

 

 

@技術が難しい

 

A数が少ない

 

B料金設定の問題

 

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

@技術が難しい

 

縮毛矯正のキモは、一液です。弱いと伸びないし、強いと傷む。その判断が難しいのです。  もう少し詳しく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A数が少ない

 

通常のサロンでの縮毛矯正の数は月間1、2人あればいい方です。  もう少し詳しく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



B料金設定の問題

 

縮毛矯正を、安く料金設定し過ぎ。 もう少し詳しく

 

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正×他店との違い

 

ラプセットの縮毛矯正のお客様の大半は、【縮毛矯正 京都】で検索して辿り着きます。

 

 

 

 

・伸びない

 

・パサパサ

 

・ビビり毛


 

 

そこで一番知りたいのは、『本当にこのお店は大丈夫?』という事だと思います。

 

今回は 『ラプセットと他店の違い』 をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正 20のこだわり

 

 

2人施術 特殊1剤 細かい1剤コントロール 早塗布 分け塗り 塗布量 放置タイム 放置方法 テスト方法 1剤流し方  ドライ法 アイロンはさみ方 アイロン温度 毛先アイロン  etc

 

あらゆる箇所でこだわっています。全てが仕上がりへ影響を与えてきます。
 もう少し詳しく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

どうでしょう参考になったでしょうか?

 

最後になりますが、お客さんにも出来る事があります。

 

役立つ内容なので参考にしてみて下さい。

 

↓     コチラ    ↓

 

◆【ご来店前に読んでおいて下さい】 (ご来店されない方にも役立ちます)

 

 

 

 

 

 

上にもどる

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@技術が難しい (詳しく解説)

 

工程が多いです。その為、仕上がりがイマイチだったとしても、どの工程でミスが起きていたのか判断しづらいのです。  もどる

 

 

京都No.1縮毛矯正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A数が少ない (詳しく解説)

 

通常のサロンでは、縮毛矯正をして、忘れた頃にまたやっての繰り返し。これでは中々上達しないものです。失敗と改善の繰り返しが向上には必要。ちなみに僕は月に約8人の縮毛矯正を担当しています。3日に1人のペースです。日々新しい発見があり精度が上がっていくのを感じます。やはり経験値を積むことは大事です。  もどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B料金設定の問題 (詳しく解説)

 

例えば2万円で縮毛矯正。スムーズに終わったとしたら十分に利益が出ますが時間かかったり、上手く伸びていなかった場合利益どころか赤字が発生する場合もあります。

 

『2万円で縮毛矯正をする』という制約の中で仕事をするとできる事が限られます。必要な手順を省く事は、ミスに繋がります。髪が多いだとか、傷んでいる、ムラがある、加齢毛が混じっている等の難しい毛質の場合、それだけリスクは高まります。  もどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正 20のこだわり (詳しく解説)

 

 

2人施術・・・2人でする事のメリットはスピードアップです。そして重要なのが1液塗布です。塗布に10分かかるとしたら、スタートと最後に塗った所では10分のタイムラグが出るからです。20分かかってしまったら、反応が過剰になっていてもおかしくありません。だから縮毛矯正に関しては2人施術が理想なのです。

 

 

特殊1剤・・・髪質は様々です。元々の毛質も違えば、やってるカラーも違い、その時の状態も違います。髪に合わせた繊細な薬を使用しなければいけません。 『傷まないクスリ』 というモノが常に出てきますが、ベースはほとんど変わりません。大事なのは薬のスペックを把握して、適切な選定をする事です。通常2.3種の剤ですが、ラプセットでは1剤だけで10種を使用しています。

 

 

分け塗り・・・髪質は頭の部分でかなり違う事があります。えりあし、後頭部、生え際、素人の方が見てもわかるくらいに太さから違います。だから薬の効き方も違います。そこを調節しながらすると綺麗に伸びます。

 

 

塗布量・・・塗布量が少ないとムラが起きます。髪質によっては吸い込むタイプの毛もあり、一見きちんと塗れていても、中がしっかりしみ込んでいないという事もあります。だから薬はたっぷり塗る必要があります。

 

 

テスト方法・・・1液の見極めが一番のキモとなりますが、これは経験でしかつかめないものだと思います。

 

 

1剤流し方・・・しっかりと薬を流す必要があります。これが意外と出来てない事があります。

 

 

 

 

他にも秘伝の技がいくつもあります。これだけ色んな事を考えないと綺麗に伸びないのが縮毛矯正です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

どうでしょう参考になったでしょうか?

 

最後になりますが、皆さんにも出来る事があります。

 

役立つ内容なので参考にしてみて下さい。

 

↓     コチラ    ↓

 

◆【ご来店前に読んでおいて下さい】 (ご来店されない方にも役立ちます)

 

 

 

 

 

 

上にもどる

 

 

縮毛矯正TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロー・・・ドライヤーをあてながらブラシなどで髪を引っ張たり丸めたりして形付け綺麗にする事。

 

 

 

健康毛・・・カラーをしていない毛、太い毛、硬い毛。逆にダメージ毛はカラーをしている、カラーを何度も重ねている、細い、柔らかい、などが多くあてはまる毛です。カラーしていても太くてしっかりしていれば比較的健康毛です。

 

 

 

 

 

短い・・・短い毛は縮毛矯正できない事があります。アイロン時に、手で持つ部分とアイロンプレートの幅が最低限必要になります。プレートが9ミリという極細アイロンならより短く繊細なアイロンワークが出来ますが、その分時間がかかりますので、価格にも影響してきます。

 

 

 

 

良く染まるタイプのトリートメントカラー・・・よく染まるというのは、アンモニア高配合などで実現しています。髪を多少なりともダメージを与えるという事です。成分見るだけでは判断できませんが良く染まるという事はそれだけ強いという事です。弱いものだと5回くらい使用しないといけませんが、強いものは1、2回で染まります。

 

 

 

 

 

 

たんぱく質・・・髪は結構複雑な構造なのですが、そこにたんぱく質は必須です。ラプセットでは必要に応じたたんぱく質や脂質などを補いながら髪を綺麗にしていきます。

 

 

 

 

 

 

細い毛・・・髪は太さバラバラです。割と一定の方もいますが、栄養不足や生活バランスの崩れ、加齢により、細い毛が混じりやすくなります。

 

 

 

 

 

ハイトーン・・・髪が明るいという事は、髪の栄養が抜けていてキューティクルが荒れている可能性が高くダメージを受けているという事です。

 

 

 

 

 

・・・段とはレイヤーの事です。カットがオカッパの様にぶつっと切ってある状態が段なし。逆が段カットです。段が無い時は一番表面の毛の毛先くらいしか見えないのに対し、段が付くと毛先が段になり広い範囲で見えます。

 

 

 

 

 

 

ドライ・・・ドライヤーをあてながら手でバサバサと乾かした状態。ブラシを入れたり指で引っ張ったりしながらのブローをしない乾かし方。

 

 

 

 

 

 

 

 

折れ毛・・・縮毛矯正の1液を地肌に付けて利かせてしまうと、髪が90度に折れてしまう事があります。直す時に切れてしまう事もあり非常に危険な状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【縮毛矯正 髪質改善ブログ 京都 ラプセット TOPへ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都No.1縮毛矯正記事一覧

◇縮毛矯正の実例

top page髪質改善の方法ヘアケアのQ&Aシャンプー選び

≫続きを読む