ヘアカラー

カラーチェンジの負担

カラーチェンジをすると  どれくらい負担があるのかを

 

ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

地毛→茶色 

 

普通のアルカリカラーを使用。

 

湿気の影響を受けやすくなる。

 

ドライヤーも乾きやすくなる。

 

 

 

 

 

茶色→もっと明るく

 

すでに茶色いところに

 

もっと脱色力のあるアルカリカラーをつける

 

必要がある。さらにダメージは進み

 

潤いも失われて手触りも落ちていく。

 

 

 

 

 

2回カラーで明るめの茶色→  

 

今回は明るさ同じくらいで

 

ピンクっぽくしたい。

 

ここで1番良いのは

 

アルカリの入っていないカラーで

 

オキシを1%などで行くと

 

負担はほぼ無い。

 

しかし8割方の美容師が

 

アルカリカラーでオキシ6%で染める。

 

髪がボロボロになるのはこの為。

 

 

 

 

 

茶色→こげ茶

 

これも同じで多くのお店は

 

白髪染めでトーンダウンしたりします。

 

負担を抑えようとすれば

 

中性カラーでオキシ1%で染められます。

 

やせ細った髪に色素が入り

 

むしろ髪がしっかりします。

 

ただし色の入り方が難しいので

 

扱いに注意が必要です。

 

 

 

 

 

茶色→明るさ変えずにピンク系など

 

これらも同じですね。

 

 

 

 

 

美容師にとってカラーの知識に乏しいと

 

中性カラーや低オキシ剤を使うのも

 

怖いのです。

 

強くても傷むが色が入るので

 

分からなかったらとりあえず無難な

 

レシピで行く感じになるのです。





◇ヘアカラーQ&Aトップへ