ヘアカラー

ヘアカラー種類

Q、ヘアカラーって沢山ありますが・・・
髪のダメージが気になります。イルミナカラーとかオーガニックカラーとか色々あるみたいですがどれが良いのか分かりません。
おすすめはありますか?

 

 

 

A、ヘアカラーの種類について。

 

ヘアカラーを大まかに分けると

 

ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘナの三つです。

 

 

 

 

ヘアカラー

 

ヘアカラーは、脱色と染毛を

 

同時に行う事ができます。

 

 

 

 

 

 

ヘアマニキュア

 

脱色は全く行われません。

 

マニキュア独特の色になる。

 

 

地肌に付くと取れにくい。

 

根元が染まらない。

 

タオルドライすると色移りがしやすい。

 

傷まない、被れない。

 

 

 

 

ヘナ。

 

ヘナはマニキュアと似ています。

 

大きく違う点は

 

天然の草という所です。

 

傷まない。

 

時間がかかる。

 

ヘナアレルギー(意外とヘナが合わない方は多いです)

 

色のバリエーションが限界があると言った感じです。

 

ヘナとヘアカラーのハイブリッドも出ています。

 

 

 

 

 

 

カラーリンス。

 

マニキュア配合の

 

リンスと思って頂ければよいと思います。

 

数回すると 少し色づきます。

 

傷みません。

 

脱色できません。

 

 

 

 

美容院のヘアカラー。

 

美容院のメニューにあるヘアカラーは特筆されていない限り

 

普通にヘアカラーです。

 

色んなメーカーからイルミナカラーとかモカレド、スロウ、コレストン、オルディーブと

 

出ています。オーガニック、ハーブ、植物、ケラチンと

 

色んな良さそうな名前が出てきますが

 

基本的には脱色して色を入れるのがベースで

 

そこに良さそうなものが添加されていると思っていただければ結構です。

 

メーカーによって多少色のバランスや添加のバランスが違いますが

 

原理は一緒です。

 

イルミナカラーとオーガニックカラー等のサイトを見ていただくとわかると思いますが

 

きっとどのサイトを見てもダメージの低減できる理由が

 

明確に語られているサイトはないはずです。

 

耳障りの良い文句で誘っておいて、肝心なところはぼかすっていうのが

 

大手のやり口です(笑)

 






◇ヘアカラーQ&Aトップへ







★★★★★★★★★★★★★★

ダメージヘアを生まれ変わらせたい!

クセ毛を扱いやすくしたい!

何をやっても改善ができなかった。

そんな方々をお待ちしております!

他には無い髪質改善のワザで、髪のお悩みを解決いたします。







更新情報 お知らせ イベント情報


配信ライン@↓




↑クリックで簡単登録




ホームページ





http://nishikyougokubiyouin.xyz/


http://katsurabiyouin.com/



http://saiinbiyouin.com/



http://kamikatsura-matsuobiyouin.com/



http://katsuragawa-rakusaiguchibiyouin.com/

https://ameblo.jp/lapsetnisikyougoku/





トップページに