ヘアカラー 

ヘアカラーの原理

ヘアカラーの原理を簡単に言いますと

 

脱色しながら色素を入れる。

 

これがよくあるヘアカラーの仕組みです。

 

 

 

もう少し突っ込んで書きますと

 

アルカリがキューティクルを開く

 

アルカリとオキシが反応して酸素が発生し

 

酸素がメラニン色素を脱色

 

酸素がジアミンと反応し発色。

 

これが基本的なヘアカラーの仕組み。

 

 

 

全てのヘアカラーはこの

 

アルカリ、ジアミン、オキシ、添加剤のバランスでできています。

 

例えば白髪染めの場合は

 

ファッションカラー(非白髪染め)に比べると

 

ジアミンの量が多く、入っている。

 

 

 

 

そしてヘアカラーに似たもので

 

へアマニキュア、カラートリートメント、へナ。

 

これらはぜんぜん違う仕組みで染まります。

 

 

 

また最近はアルカリの種類をダメージしにくい

 

代用品で作られたヘアカラー

 

ジアミンに変わる発色成分を使用した

 

次世代ヘアカラー等も稀に出ています。

 

当店でも取り扱っているキュアカラーも

 

そういった新しいタイプのヘアカラーですので

 

興味のある方は是非ご覧ください。

 






◇ヘアカラーQ&Aトップへ