ヘアカラー

ダメージは色で違うのか?

ダメージは色で違うのか?

 

 

 

バージン毛を脱色する時

 

こげ茶〜明るい茶まで色んな明るさがあります。

 

明るくするほど 脱色剤が多く作用しているので

 

髪への負担も上がっていきます。

 

 

 

 

白髪染めの場合

 

ファッションカラーと比べ

 

出来上がりの色は暗くても

 

ダメージが大きくなりがちです。

 

 

これは白髪染めの方が

 

一旦明るく脱色して、同時に

 

色素をたっぷり入れているためである。

 

 

 

白髪染めに変えてから

 

髪が細くなった、引っかかりやすくなった

 

と感じるのはこれが原因かもしれません。

 

 

 

赤 青 黄 の色素は入れても傷みません。

 

むしろ入れたほうが髪はしっかりします。

 

ただ入れる際にオキシなどを一緒に入れることがあるので

 

オキシがダメージの原因にはなります。

 

オキシも濃度を調節できるので

 

最低限のパワーに落とす事が大事。





◇ヘアカラーQ&Aトップへ







★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ダメージヘアを生まれ変わらせたい!

クセ毛を扱いやすくしたい!

何をやっても改善ができなかった。

そんな方々をお待ちしております!

他には無い髪質改善のワザで、髪のお悩みを解決いたします。







更新情報 お知らせ イベント情報


配信ライン@↓




↑クリックで簡単登録




ホームページ





http://nishikyougokubiyouin.xyz/


http://katsurabiyouin.com/



http://saiinbiyouin.com/



http://kamikatsura-matsuobiyouin.com/



http://katsuragawa-rakusaiguchibiyouin.com/

https://ameblo.jp/lapsetnisikyougoku/





トップページに