ノンジアミン 京都

ノンジアミンカラーとは

ノンジアミンカラーとは

 

 

ジアミンとは、染料の事

 

ジアミンに対するアレルギーがある方が白髪染めなどをすると付けたらすぐに痒みや痛みが出る場合もありますし次の日に症状が出る場合もあります。

 

 

 

 

 

ノンジアミンカラーとはジアミンを抜いたヘアカラーの事

 

しかし染料が無いと髪は染まりませんのでジアミンの類似成分が入っています。またマニキュアやヘナなどはジアミンは入っていませんがアルカリやオキシ、染色物質との反応によって染まるものではないので通常はノンジアミンカラーには含まれません。
ジアミンでアレルギーがある方でも代用の染料でアレルギーが出ない方には有効なカラーであるといえます。

 

 

 

 

 

 

原因はジアミンだけではない。

 

アルカリやオキシに反応している場合もあります。その場合ノンジアミンに変えても症状が良くならない場合もあります。原因にあった対処をする方が良いと思います。

 

 

 

 

 

オキシに反応していることもある。

 

オキシとは2剤の事で過酸化水素水と呼ばれるものなのですが脱色や発色に必要な薬剤で通常は6%という濃度の物を使うことが多いです。これには4.5%、3%、1.8%それ以下のものまであります。濃度が低いほど、ヒリヒリは緩和されていきます。

 

 

 

 

アルカリも肌への負担の要因の一つ。

 

アルカリとは脱色に必要な成分ですので、明るい色を求めるほどアルカリも強くなっています。ファッションカラー等でハイトーンの場合ノンジアミンと言っても良いくらいのジアミン量です、その場合アルカリに反応していると考えられます。また暗くても白髪染めなどは均等に染まるようになっているのでアルカリはわりと高めです。

 

 

 

ノンジアミン、キュアカラーについて

 

 

 

◇ヘアカラーQ&Aトップへ